スポーツ

岡本和真、絶不調でも井端が太鼓判を押した「超強心臓」打席内での“胸の内”

 昨年、本塁打・打点の二冠に輝いた巨人の岡本和真。巨人の日本人選手による本塁打王は2002年の松井秀喜氏以来18年ぶり、日本人の右打者に限ると1961年の長嶋茂雄氏以来59年ぶりとなる快挙だった。

 2004年の松中信彦氏(ダイエーホークス)以来、達成者が現れていない三冠王の期待も岡本には高まる中、太鼓判を押す人がいた。中日ドラゴンズ、巨人で活躍、13年のWBCで日本代表に選ばれ銅メダル獲得にも貢献した元プロ野球選手、井端弘和氏である。

 CBCテレビの野球関連番組の公式YouTubeチャンネル「燃えドラch【CBCテレビ公式】」、4月4日に投稿された動画を観てみると、「結構、口では『緊張してます』とか言うけど、全然してないよ。『チャンスで回ってきたらウエ~イって思いますよ』とか言うんだけど、全然思ってない」と、同じく出演している元中日の川上憲伸氏に岡本の強心臓ぶりを口にする井端氏。

 川上氏が「逆にそういう状況が好きなんじゃない?」が問うと、井端氏は頷き、「楽しんでるんだけど、それ言っちゃったら調子乗ってるとか思われるって考えてると思うんで」と岡本の心理を推察。「そういう話を聞くと末恐ろしいというか、今後また来るなって感じだね。三冠王いけるぐらい」と最多勝利のタイトルに2度輝いた川上氏を唸らせていた。

 1938年、NPB史上初の三冠王に輝いた巨人の中島治康氏(故人)以来、セ・リーグで右打者の三冠王は現れていない。それだけに岡本には俄然、期待がかかるが、巨人は4月4日、コロナウイルスの陽性判定を受け、丸佳浩、中島宏之ら主力6選手の出場登録を抹消される事態も起き、岡本自身も開幕から絶不調が続いている。果てしてその強心臓は今季、どのような場面で活かされるか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」