女子アナ

夏目三久は“写真漏洩”も大復活!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(1)

 今やタレントをしのぐ人気を誇るフリーアナがスキャンダルに巻き込まれるケースが後を絶たない。清純を求められる彼女たちを襲った裏エピソードをたどっていくと─。

 4月1日、お笑い芸人の有吉弘行と電撃結婚したことを明らかにした夏目三久。もともと、キャラを出さない日本テレビの女子アナの中でも自己主張をしないタイプの彼女を突如、襲ったのが、09年の妊娠を避けるグッズを巡る写真漏洩騒動だった。当時取材にあたった芸能記者が振り返る。

「写真誌に掲載された記事では、かつて交際していた御曹司とのペアショットや、腕枕をされた夏目と交際男性がアイマスクをしている自撮り写真に加え、彼女がサガミオリジナルの妊娠を避けるグッズを持って微笑んでいる写真が掲載され、一躍、プライベートが白日の下に。この写真をきっかけに、日テレ社内での評判は低下。11年に退社する羽目になりました」

 その後、フリーになったものの、受け入れる事務所もなく、一時は出演する番組のスタッフが窓口になる時期もあったほどだった。だが、今や「あさチャン!」(TBS系)司会者として完全復活。人気絶頂の芸人との結婚も発表し、みごと「リベンジ」を果たしたと言えよう。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も絶賛する。

「スキャンダル当時は日テレのエースとして絶頂期だっただけに、これがきっかけで転落していくという流れもドラマのようでした。しかし、そこからマツコ・デラックスと有吉の番組で注目を集め、さらに14年にはTBSの朝の顔の座を獲得。その後、古巣の日テレの『真相報道バンキシャ!』に返り咲くという逆転劇を収めたのは立派というほかありません。やっぱり生まれながらの勝ち組だなという感じはあります」

 対照的に、2度のスキャンダルですべてを失ったのが、元朝日放送のアナウンサー、山本モナだった。芸能レポーターによれば、

「98年に朝日放送に入社し、05年に報道キャスター指向が強まり退社。06年9月に『筑紫哲也NEWS23』(TBS系)に抜擢されるも翌月に、民主党の細野豪志議員との不貞が報じられた。まるで映画のワンシーンのようなキス現場まで写真に撮られて番組を降板。08年にようやくフジの『サキヨミLIVE』でキャスター復帰を果たしますが、今度は同郷の巨人・二岡智宏選手との『五反田ホテル不貞』が激撮され、再度クビに。現在はソムリエとして活躍しています」

 入社2年目で不貞スキャンダルに巻き込まれたのは、元フジテレビの松尾翠だった。現在は福永祐一騎手と結婚し、フリーで活躍中だ。フジテレビ関係者が振り返る。

「松尾アナのスキャンダルは大学1~2年の時に、交際していた10歳年上の飲食店経営の不貞相手とのベッド写真が漏洩したもの。旅先の部屋に敷かれた布団の上で寄り添うペアショットや、旅館の和室でバースデーケーキと一緒に写った写真など、プライベート感満載の内容だった。あまりにもせきららな内容だったので、『めざましテレビ』などにも出演するアイドルアナ候補でしたが、その後、競馬番組担当になるなど、当初の進路からは外れました」

 しかし、番組つながりで出席した女性騎手の結婚式で、福永が一目ぼれ。そのまま寿退社して、現在に至っているというから「災い転じて福となす」典型かもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す