スポーツ

渡嘉敷勝男、「連続防衛」「複数階級制覇」「4団体統一」“難易度比較”が深い!

 プロボクシングの全階級を通じて、最多防衛記録である世界王座25回連続防衛記録をマークしたのは、アメリカ人のヘビー級ボクサー、ジョー・ルイス氏(故人)で、70年あまり破られていない。日本ではライトフライ級の具志堅用高氏の「13回」で、こちらも40年余り具志堅氏が名を刻み続けている。

 昨今では、最強ボクサーと名高いアメリカ人のフロイド・メイウェザー・ジュニアが、史上初めて無敗のまま5階級制覇を成し遂げ話題となった(50戦無敗)。また、日本が世界に誇る井上尚弥は、バンタム級でWBA・IBFのベルトを保持しており、4団体統一も視野にしていると漏れ聞こえ、はたして、「連続防衛」「複数階級制覇」「4団体統一」のどれが最も難しいのだろうか?

 元WBA世界ライトフライ級王チャンピオン・渡嘉敷勝男氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉の、5月1日に〈【複数階級制覇と4団体統一、どっちが難しいのか?】【ボクサーは頭を振って避けるけど酔わないの?】など★質問への【回答コーナー!】Vol.33〉とタイトルした投稿回で、この疑問について言及した。

 もちろん、どれも難しいことを前提としたうえで、複数階級制覇については、4団体あることから、一番弱い、もしくは一番やりやすいチャンピオンを選んで対戦することも可能だと指摘。4団体制覇はその階級の最強を競うことになるので、渡嘉敷氏の見解ではやや難易度が高いか…。ちなみに、連続防衛は、近年トレーニングに筋トレを盛り込むようになったことから体重が増加し、目指すボクサーが減少した背景を指摘。10回も防衛すれば、必ず最強挑戦者と対することになるので、「10回以上防衛するボクサーは本当に天才だなと思います」とも語る。現在は有名選手との対戦で価値を高めていくのでは…と分析して結んだ渡嘉敷氏。読者諸兄の見解やいかに…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像