スポーツ

白鵬「ライブ相撲マンガ」、07年7月場所で思い知った「好事魔多し」とは!?

 大相撲9月場所(秋場所)が、9月12日(日)に、初日を迎えた。新横綱誕生に、大いに沸く、両国国技館である。

 7月場所で、奇跡の復活劇を遂げ、連覇を期した白鵬だったが、残念ながら、休場となってしまった。宮城野部屋力士全員休場までの動きは以下の通りだ。

 9月1日(水)、新十両・北青鵬(ほくせいほう)が新型コロナ感染。白鵬が語る。

「新十両の北青鵬が新型コロナにかかってしまいました。序ノ口から7場所という信じられないスピードで駆け上がってきたのですが、当人にとっては出鼻をくじかれたことでしょう」

 そして、自身の今年1月の経験をふまえ、こう続けた。

「私も新型コロナにかかったことがありましたので、気持ちはよくわかります。北青鵬には、治療に専念するように伝えています」

 9月5日(日)、白鵬ら濃厚接触者全員が2度目のPCR検査。白鵬らは陰性だったが、幕下力士1名の感染が判明する。

 9月6日(月)、感染症の専門家の意見を聞き、日本相撲協会で協議した結果、宮城野部屋力士18名全員の休場が決定─という次第である。

 白鵬は、ライバルとなるであろう横綱・照ノ富士について、「第73代の新横綱が誕生したことでもあり、今場所は盛り上がることは間違いないでしょう。若手の力もどんどん伸びて来ています。この若手の壁になるべく横綱として君臨してほしいですね」とエールを送る。来たる11月場所での東西両横綱の激突を、心して待ちたい。

 さて、「白鵬本紀」第19番は、2002年7月場所が舞台。白鵬は、西三段目23枚目で臨むのだが、「好事魔多し」で、1勝の後、3連敗。あと1敗で負け越しとなった白鵬の五番相撲の勝敗は…?

 同時進行相撲マンガ、「白鵬本紀」第19番「負けて覚える相撲かな」は9月14日発売の「週刊アサヒ芸能」9月23日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった