スポーツ

原監督、丸佳浩への指導動画に寄せられた“本当の史上最大下克上”期待の声

 横浜スタジアムで開催された対横浜DeNAベイスターズ戦において、巨人の丸佳浩が7回表に21号となる勝ち越しホームランを放ち、18日ぶりの白星を手繰り寄せたのは、10月20日。引き分けを挟み、連敗は「10」でストップ。ホッと胸をなでおろしたファンも多いことだろう。

 そんな丸のホームランで勝利した同日、YouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉が、〈丸佳浩へ原監督個別レッスン!〉とタイトルをつけて投稿。原辰徳監督の熱心な指導、ボールトスに対して「シュッ」と息を鋭く吐き、その都度スタンドインを想像させる豪快なスイングの丸の姿が映し出された。

 視聴者からは、〈クライマックスから日本シリーズまで暴れてくれ丸佳浩の力が必要なんだ〉〈CS決めて勝って日本シリーズ勝って日本一掴みとってほしい!巨人の大逆転劇見せてくれ!〉など、早くも日本シリーズを見据えたコメントが散見されたのだった。

 リーグ3位から日本一に輝いた前例は、パ・リーグにおいて、2010年の千葉ロッテマリーンズのみ。当時、ロッテの捕手だった里崎智也氏の発言「史上最大の下克上」が話題となった。もっとも、この年のロッテはリーグ優勝のソフトバンクとゲーム差2.5と実力は均衡していた。

 今シーズンの巨人は、首位ヤクルトとのゲーム差は11.5(10月25日現在)。そして “負け越し3位”でのCS進出となった。しかし、そこからの日本一となれば、セ・リーグとしては初となり、それこそ本物の「史上最大の下克上」となるのではないか。シリーズ終盤の采配が疑問視されていた原監督にとって、ある意味「大チャンス」だが、はたしてどうなるか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変