スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「古馬勢よりエフフォーリアが上」

 秋開催、最初の締めとなるのは伝統の天皇賞・秋。春の盾と同じ3200メートルを改め、84年から2000メートルの距離で争われるようになったが、重厚さは変わらず、むしろ大きなドラマを数多くこしらえてきているように感じられる。

 今年も期待が膨らむ顔ぶれがエントリーしてきた。GI勝ち馬が5頭、GI2着馬も2頭とあっては、つまらぬレースになろうはずがない。

 昨年の三冠馬コントレイルを筆頭に、GI5勝の現役最強牝馬グランアレグリア、今春の天皇賞を制した19年の菊花賞馬ワールドプレミアなど錚々たる古馬陣に、ダービー2着惜敗も3歳最強の評価がある皐月賞馬エフフォーリアが参戦してくる、文字どおりの豪華版。どんなに激しく、おもしろい競馬が繰り広げられることか、まさにファン必見のGI戦と言っていい。

 ただ舞台は東京の芝2000メートル。周知のように2コーナーのポケットがスタート地点で、スタートして加速がつくところで急に折れる最初のコーナーがある。よって多頭数になればなるほど外枠の馬は膨れたり、ハジかれたりなどの不利を被りやすく、レースを運びづらくなる。

 つまり、中山のマイル戦と同じく、内枠の馬が有利になるわけだ。これだけレベルが高い馬による競馬ではあるが、枠順による有利、不利があるのはやむをえないところ。このあたりは頭に入れておくべきだろう。

 では、データをひもといてみよう。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単での万馬券は5回(馬連は2回)。この間、1番人気馬は9勝(2着3回)と半数近くの馬が勝ち鞍をあげている反面、2番人気馬は2勝(2着5回)のみ。1、2番人気馬によるワンツー決着は2回で、中穴傾向のGI戦と言っていいか。

 年齢的には、充実ぶりを見せる4歳馬(9勝、2着9回)と5歳馬(8勝、2着6回)が圧倒的。出走頭数は少ないものの、3歳馬は2着3回とよく奮闘しているものの、6歳以上の古豪は、かなり厳しい戦いになる。

 そして牝馬だ。過去19年では05年ヘヴンリーロマンス、08年ウオッカ、10年ブエナビスタ、そして19年、20年を連覇したアーモンドアイといった、いずれも“男勝り”の馬たちが名を連ねており、今年で言えばグランアレグリアが該当するだろうか。

 そうであれば、当方としても無謀な穴狙いはできない。最も期待を寄せたいのはエフフォーリアである。人気はコントレイル、グランアレグリアに譲っても、力はわずかながらこの馬が上だと思われるからだ。

 ダービー2着以来、5カ月ぶりの実戦になるが、夏場は牧場でリフレッシュされて鋭意調整。美浦トレセンに帰厩後は週に2回追われ、先々週、併せ馬で追い切られた時点で鹿戸調教師は「これで(実戦への)スイッチが入った。とにかく順調にきている」と、目を細めていたくらい、抜かりなく調整されてきている。

 有力各馬はいずれも休み明けとなるが、エフフォーリアは早くから秋初戦をここに見据え、仕上がり状態はすばらしく、文句なしと言っていいだろう。

 さらに鹿戸師は「背丈が伸びて成長している。それでいて、春より体が締まって精悍に見える」と、パワーアップしたこともほのめかしていた。

 女傑ヒシアマゾン(GI2勝)、アドマイヤムーン(GI3勝)ほか近親、一族に活躍馬がキラ星のごとくいる良血。大外枠を引かないかぎり、期待に応えてくれるとみている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
警察出動!三浦友和・百恵夫妻が「右パンチに平手打ち」の大乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した