政治

都知事選に見る政界再編とサプライズ出馬

20140116q

 ポスト猪瀬を巡って水面下でさまざまな動きがあるという。政治評論家の小林吉弥氏が語る。

「誰を担ぐか各党とも模索しているが、しぼりきれていない。その中で最も人気があるのが舛添要一元厚労相(66)。行政経験のある実務型でオリンピックを控えている東京としては適任と言える。が、自民党を出た人なので自民党も推薦というわけにもいかない。民主党もひと頃の勢いがないので、舛添さんとしては担がれたくないかもしれない。いずれにしろ、都知事選の候補者選びは舛添氏を中心に進んでいく

 自民党内では他にも小池百合子元防衛相(61)や丸川珠代参院議員(42)、片山さつき参院議員(54)ら女性候補の名前が浮上しているが、安倍晋三総理(59)の意向が大きく働いているという。

 政治部記者が言う。

「安倍総理は周囲に『(都知事は)若い女性がいい』と話している。特定秘密保護法案成立で、支持率が急落した安倍総理は、都知事に自民党と距離を置く人物が選ばれたらたまらない、と焦っている」

 また、現在のところ、都知事選出馬を否定している東国原英夫前衆院議員(56)も立候補の可能性は十分。政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「猪瀬氏に裏切られた都民は、いちばん清潔な候補者を求めている。その意味でコチコチの自民党や公明党、それに民主党でもダメです。東国原氏が本当に清潔であれば、選択肢に入れるのではないでしょうか」

 また、一部の保守系議員が、小泉純一郎氏(71)を擁立するという動きもあるという。

「小泉さんは昨年、“脱原発”をアピールし、存在感を示した。政治家は引退したが、『行政の長ならば問題ない』と言えば、一躍本命に躍り出る。小泉さんにしてみれば、反原発を受け入れない『自民党をブッ壊したい』という意向もあるはずです」

 また、昨年の東京都議会議員選挙で無党派層の取り込みに成功した共産党は「二の矢」として大物有名人の担ぎ出しを画策中だとか。

「実は、水面下で共産党が藤原紀香(42)に“赤いジャンヌダルク”として出馬を打診する予定です。他にも反原発の加藤登紀子(70)などこれまで積極的に進めてこなかった有名人に食指を伸ばしている。東京都知事選では弁護士の宇都宮健児氏(67)を推薦する予定ですが、文化人の候補者を一本釣りして送り出すことも視野に入れているそうです」

 都知事選の結果いかんで大きく政局が動きそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」