政治

都知事選に見る政界再編とサプライズ出馬

20140116q

 ポスト猪瀬を巡って水面下でさまざまな動きがあるという。政治評論家の小林吉弥氏が語る。

「誰を担ぐか各党とも模索しているが、しぼりきれていない。その中で最も人気があるのが舛添要一元厚労相(66)。行政経験のある実務型でオリンピックを控えている東京としては適任と言える。が、自民党を出た人なので自民党も推薦というわけにもいかない。民主党もひと頃の勢いがないので、舛添さんとしては担がれたくないかもしれない。いずれにしろ、都知事選の候補者選びは舛添氏を中心に進んでいく

 自民党内では他にも小池百合子元防衛相(61)や丸川珠代参院議員(42)、片山さつき参院議員(54)ら女性候補の名前が浮上しているが、安倍晋三総理(59)の意向が大きく働いているという。

 政治部記者が言う。

「安倍総理は周囲に『(都知事は)若い女性がいい』と話している。特定秘密保護法案成立で、支持率が急落した安倍総理は、都知事に自民党と距離を置く人物が選ばれたらたまらない、と焦っている」

 また、現在のところ、都知事選出馬を否定している東国原英夫前衆院議員(56)も立候補の可能性は十分。政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「猪瀬氏に裏切られた都民は、いちばん清潔な候補者を求めている。その意味でコチコチの自民党や公明党、それに民主党でもダメです。東国原氏が本当に清潔であれば、選択肢に入れるのではないでしょうか」

 また、一部の保守系議員が、小泉純一郎氏(71)を擁立するという動きもあるという。

「小泉さんは昨年、“脱原発”をアピールし、存在感を示した。政治家は引退したが、『行政の長ならば問題ない』と言えば、一躍本命に躍り出る。小泉さんにしてみれば、反原発を受け入れない『自民党をブッ壊したい』という意向もあるはずです」

 また、昨年の東京都議会議員選挙で無党派層の取り込みに成功した共産党は「二の矢」として大物有名人の担ぎ出しを画策中だとか。

「実は、水面下で共産党が藤原紀香(42)に“赤いジャンヌダルク”として出馬を打診する予定です。他にも反原発の加藤登紀子(70)などこれまで積極的に進めてこなかった有名人に食指を伸ばしている。東京都知事選では弁護士の宇都宮健児氏(67)を推薦する予定ですが、文化人の候補者を一本釣りして送り出すことも視野に入れているそうです」

 都知事選の結果いかんで大きく政局が動きそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評