スポーツ

松井秀喜、「甲子園5連続敬遠」に感謝!?「自分のエネルギーになった」理由とは

 元プロ野球選手の松井秀喜氏と言えば、巨人からMLBに渡り、ニューヨーク・ヤンキース時代の2009年にはワールドシリーズ優勝を経験。同年、アジア人初となるワールドシリーズMVPを受賞すると、13年には国民栄誉賞も受賞。日本プロ野球界が誇る逸材である。

 そんな松井氏の名前を一躍全国区に押し上げたのは、松井氏が高校3年時(1992年)の夏の甲子園における、2回戦の明徳義塾高校戦だろう。ランナーの有無にかかわらず、松井氏は5打席連続敬遠を受け、高野連が急きょ記者会見を開くなど、社会問題にまで発展したものだ。

 その松井氏が、巨人時代にはチームメイトだった元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演し、29年振りに当時の心境を振り返った(10月22日付け投稿回)。

 敬遠はそれまでに何度も経験してきたが、全打席の敬遠は「さすがに初めてだった。しかも、あれが高校で最後の試合だったから」と松井氏。そして、こう落胆した胸の内を明かした。

「オレ、最後は20球見送って、自分の高校野球終わるんだと思って。自分は何をやってきたんだろうな、3年間…」

 しかし、こうも語った。

「今思うと、逆に感謝してますよ。あれだけ注目してもらえてね、あの敬遠自体が自分のエネルギーになったから」

 5連続敬遠を受けたバッターとしてふさわしいよう、プロでその実力を証明しようと励みにもなった、と前向きに語ったのである。

 もっとも、前述の明徳義塾高校との敗戦後は、松井氏は、甲子園の砂を持って帰らなかったが、星陵ナインも持って帰らなかったんじゃないか?といった意外な過去も振り返った松井氏。

 仲間の悔しさも背負い、その思いがプロでの「ゴジラ旋風」につながったのではないだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ