スポーツ

松井秀喜、「甲子園5連続敬遠」に感謝!?「自分のエネルギーになった」理由とは

 元プロ野球選手の松井秀喜氏と言えば、巨人からMLBに渡り、ニューヨーク・ヤンキース時代の2009年にはワールドシリーズ優勝を経験。同年、アジア人初となるワールドシリーズMVPを受賞すると、13年には国民栄誉賞も受賞。日本プロ野球界が誇る逸材である。

 そんな松井氏の名前を一躍全国区に押し上げたのは、松井氏が高校3年時(1992年)の夏の甲子園における、2回戦の明徳義塾高校戦だろう。ランナーの有無にかかわらず、松井氏は5打席連続敬遠を受け、高野連が急きょ記者会見を開くなど、社会問題にまで発展したものだ。

 その松井氏が、巨人時代にはチームメイトだった元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演し、29年振りに当時の心境を振り返った(10月22日付け投稿回)。

 敬遠はそれまでに何度も経験してきたが、全打席の敬遠は「さすがに初めてだった。しかも、あれが高校で最後の試合だったから」と松井氏。そして、こう落胆した胸の内を明かした。

「オレ、最後は20球見送って、自分の高校野球終わるんだと思って。自分は何をやってきたんだろうな、3年間…」

 しかし、こうも語った。

「今思うと、逆に感謝してますよ。あれだけ注目してもらえてね、あの敬遠自体が自分のエネルギーになったから」

 5連続敬遠を受けたバッターとしてふさわしいよう、プロでその実力を証明しようと励みにもなった、と前向きに語ったのである。

 もっとも、前述の明徳義塾高校との敗戦後は、松井氏は、甲子園の砂を持って帰らなかったが、星陵ナインも持って帰らなかったんじゃないか?といった意外な過去も振り返った松井氏。

 仲間の悔しさも背負い、その思いがプロでの「ゴジラ旋風」につながったのではないだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」