社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<新型コロナワクチン接種>3回目接種を控える副反応の目安

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を巡り、厚生労働省が18歳以上を対象とする方向で検討している。

 過去2回の接種では、接種部位の痛みや頭痛、発熱、倦怠感、帯状疱疹などの強い副反応が出た人も少なくないだけに、3回目接種に対して抵抗感や恐怖心もあるだろう。

 なぜ追加接種が必要なのか。デルタ株に対する感染予防効果について、ファイザー社は2回接種から4カ月目には53%まで抗体が低下すると報告している。また、モデルナ社が2020年7~10月に行った臨床試験でワクチン接種を受けた人は、2020年12月~21年3月に接種した人に比べ、21年7~8月の時点でコロナに感染するリスクが1.56倍だったという報告もある。

 となると、追加接種の必要性こそ理解できるが、副反応への抵抗感は簡単に払拭できないだろう。

 そこで重要な指標をひとつお伝えしよう。米疾病対策センター(CDC)の研究発表によれば、米国では2021年9月19日までに221万人が追加接種を受け、そのうち2万2191人が調査に協力。約7000人(32%)に何らかの副反応が生じ、約6200(28%)が日常生活に支障があったと回答している。また、2回目接種時の副反応の頻度・重症度と同レベルだったこともわかっている。しかし、血栓症などの病気に与える影響はまだわかっていない。

 これらの結果を踏まえると、感染すると死亡するリスクが高くなる65歳以上の高齢者、基礎疾患のある人、高度の肥満の人などは、3回目接種を検討したほうがいいと判断するのが合理的だ。

 3回目接種については、これまでの接種でアナフィラキシーの症状があった人、接種後に頭痛や手足のしびれなどの症状が出た人は注意が必要と言えよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論