スポーツ

巨人・秋広優人の背番号「55」にファンが重ねる“大田泰示”の懸念

 11月17日、スポーツ紙で巨人の秋広優人内野手の背番号が「68」から「55」に変更することが内定したと報じられた。

 巨人の「55」と言えば、1993年から2002年まで、あの松井秀喜がつけていた背番号だが、14年以降は“空き”の状態となっていた。

「秋広は昨年ドラフト5位で入団し、来季が2年目。高卒1年目であることからまだまだ体の線は細い印象ですが、魅力は何といっても2メートルという規格外の身長とリーチの長さ、そしてそれらを活かした長打力です。ただ、今春のキャンプでいきなり1軍昇格を果たしたものの、オープン戦で2軍に降格。その後、1軍選手のコロナ感染の影響で9月末に1軍を1打席だけ経験し、再び降格しています。それでも2軍では常時4番を任されるなど英才教育中で、巨人も多くの主軸がベテランの域に入り始めたことから、1軍に定着できる若手の育成は急務。『55』番は秋広への原監督の期待値の高さがうかがえます」(野球ライター)

 ただ、松井の後の「55」には、08年にドラフト1位で入団した大田泰示(16日に日本ハムを自由契約)の存在もあった。

「大田は原監督の第二次政権時代に高卒で入団。東海大相模の後輩であることから原監督からつきっきりで指導を受け、将来の主砲として期待を一身に担いました。しかしルーキー時から背負わされた『55』は荷が重すぎたのか1軍に定着できず、14年に『44』に変更となり、その後、日本ハムへ放出。むしろその後の覚醒と活躍ぶりの方が目立ったほどです。そのため今回、秋広の『55』報道にはファンから、《1軍で結果を出してからでも遅くはない》《またプレッシャーに押し潰されないことを祈るばかり》といった否定的な声が多く上がっていますね」(前出・野球ライター)

 背負った選手でなければわからない巨人の「55」の重圧。秋広は跳ねのけられるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋