スポーツ

巨人・秋広優人の背番号「55」にファンが重ねる“大田泰示”の懸念

 11月17日、スポーツ紙で巨人の秋広優人内野手の背番号が「68」から「55」に変更することが内定したと報じられた。

 巨人の「55」と言えば、1993年から2002年まで、あの松井秀喜がつけていた背番号だが、14年以降は“空き”の状態となっていた。

「秋広は昨年ドラフト5位で入団し、来季が2年目。高卒1年目であることからまだまだ体の線は細い印象ですが、魅力は何といっても2メートルという規格外の身長とリーチの長さ、そしてそれらを活かした長打力です。ただ、今春のキャンプでいきなり1軍昇格を果たしたものの、オープン戦で2軍に降格。その後、1軍選手のコロナ感染の影響で9月末に1軍を1打席だけ経験し、再び降格しています。それでも2軍では常時4番を任されるなど英才教育中で、巨人も多くの主軸がベテランの域に入り始めたことから、1軍に定着できる若手の育成は急務。『55』番は秋広への原監督の期待値の高さがうかがえます」(野球ライター)

 ただ、松井の後の「55」には、08年にドラフト1位で入団した大田泰示(16日に日本ハムを自由契約)の存在もあった。

「大田は原監督の第二次政権時代に高卒で入団。東海大相模の後輩であることから原監督からつきっきりで指導を受け、将来の主砲として期待を一身に担いました。しかしルーキー時から背負わされた『55』は荷が重すぎたのか1軍に定着できず、14年に『44』に変更となり、その後、日本ハムへ放出。むしろその後の覚醒と活躍ぶりの方が目立ったほどです。そのため今回、秋広の『55』報道にはファンから、《1軍で結果を出してからでも遅くはない》《またプレッシャーに押し潰されないことを祈るばかり》といった否定的な声が多く上がっていますね」(前出・野球ライター)

 背負った選手でなければわからない巨人の「55」の重圧。秋広は跳ねのけられるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白