エンタメ

「仕込みなし」のバラエティ番組ができないことを証明したTBS

 新番組がなかなか定着せず、1クールで終わってしまうこともザラにある昨今で、そこそこ安定した人気を獲得している番組『人間観雑バラエティ モニタリング』(TBS)。

 その内容は、「もしも娘が芸能人になりたいと言ったら、そのとき父親は?」「ペットが喋ったら、そのとき子どもは?」「美女にサンオイルを塗ってと頼まれたら、そのき彼氏は?」など、ありそうでないシチュエーションに遭遇してしまった素人さんをモニタリングする、いわば“素人ドッキリ番組”だ。バラエティ番組ディレクターが言う。

「何がスゴイって、この番組がTBSだってこと。僕たちの業界でTBSと言えば、『企画のパクリ魔』ですから。だって、企画会議では『あの番組っぽいのやりましょうよ』『いいねえ、やろう』なんてやりとりで企画が決まっちゃう局なんですから。そんな中でこの番組は大健闘中です。ヤラセに対し敏感な風潮の中でのドッキリ番組にもかかわらず、12年に深夜帯でスタートし半年でゴールデンに進出しましたしね」

 素人相手のドッキリともなるとヤラセは必要不可欠かと思いきや、「そうでないことが証明された」と、前出のディレクターが解説する。

「1月9日放送回は生放送だったのですが、『生放送中に巨大アートはできるか?』という企画をやるにあたり、数日前からHPなどで視聴者に『当日は赤坂サカスに集合してください。2千人の協力が必要です!』と呼びかけていました。ところが、当日集まったのは、なんとたったの100人。企画倒れもいいところですよ。現場アナウンサーの『悪天候のため中止となりました』の声が虚しく響いていました」

 やはりテレビに“仕込み”は、必要不可欠であった。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
有働由美子が「ヤクザ親分交友」激白!?新幹線で話が弾んだ「おじさん」の正体
4
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白
5
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測