スポーツ

新庄剛志「BIGBOSS珍指針」全て実践したら何位に?(1)「一死三塁」限定練習の意図

 ド派手なスーツに破天荒なコメントの数々で球界の話題を独占している日本ハム・新庄剛志監督。その宣伝効果は抜群だが、果たして大田や西川ら主力選手が抜けた穴を若手の成長で埋められるのか。「BIGBOSS流」の指導を徹底検証し、3年連続5位に沈んだチームの2022年シーズンを占う。

 21年シーズンは最終盤で西武が2連敗を喫したため、ハナ差で最下位を免れた日本ハム。とはいえ、首位とは14ゲーム差、3年連続5位でBクラスが定位置となった。チームの再建を託された新庄剛志監督(49)は秋季キャンプからすでに、球界の常識をブチ破る様々な練習法をブチ上げ、スポーツ紙の見出しを賑々しく飾った。球団OBでもある野球評論家・角盈男氏が言う。

「タイプは違うけど、長嶋(茂雄)さんや野村(克也)さんと一緒。マスコミをうまく巻き込んでいますよね。それでいて、言葉は悪いけど『単なるバカ』ではない。むしろそういうふうに見られがちなイメージを利用して内外にチームをアピールしながら、実はまっとうな指導をしていると思います」

 例えば秋季キャンプ初日の11月8日、グラウンドに乗り入れたワゴン車の上でバットを突き出し、その高さ(約3.5メートル)を超えずに遠投するよう指示するシーンがあった。絵ヅラのインパクトもあって各媒体がこぞって取り上げたが、角氏は続けてこう評価する。

「『ライナーで遠投しろ』と言えば済みますが、選手にすれば非常に漠然とした指示と受け取れる。ああすることで目標が非常にわかりやすくなりますからね。もちろん演出的な意味もあるでしょうが、やっていることは理にかなっています」

 さらに、通常ならば「無死一塁」から「二死満塁」まで様々な場面を想定して行われるケース打撃を「一死三塁」だけに限定したことも大きな波紋を呼んだ。この意図についてはBIGBOSS自ら、

「打撃面での集中力についてはもちろんですが、守備にも役立つ。タッチアップの考え、チャージの考え、右中間へ抜けたらカットマンへの送球。全てがミックスされている。『無死一塁』なんかは意味がない」

 と答えている。このコメントについて、キャンプを取材した日本ハム番記者はうなずきながら、

「新庄監督は自分のことを『監督兼外野守備コーチ』と言うほど、外野守備に独自の理論を持っています。外野レギュラー候補の淺間大基(25)や万波中正(21)に屋外球場とドーム球場での送球の違いをレクチャーするなど、キャンプ初日から重点を置いて指導していました。現役時のニューヨーク・メッツ時代、契約更改で『補殺数をインセンティブに入れてくれ』とまで交渉した新庄監督の指導ですから、外野守備に関してはかなりのレベルアップが見込めるのではないでしょうか」

 21年シーズンの外野手の補殺数でみると、日本ハムは19回と物足りなかった。まずは得意の守備からチーム改革に着手しようというのはナットクがいく話だ。しかし新庄監督はさらに踏み込んで、畑の違うピッチング練習にもBIGBOSS流の「珍指針」を持ち込んだのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」