スポーツ

ソチ五輪間近!「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(3)

20140206k

 フィギュアスケート解説者の佐野稔氏が語る。

「ミシェル・クワンはどちらかというと、今あるものをより正確に演じるタイプでしたね。確か“ミス・パーフェクト”と呼ばれていたんじゃないかな。その点では、ヨナさんの目指す演技に共通しますし、常に技を磨いていくタイプという点でも重なって映ります」

 クワンは、五輪初出場となった長野で5種類のジャンプを7回の構成を完璧に演じた中国系米国人だ。安藤美姫のコーチだったニコライ・モロゾフ氏は彼女の演技を「見る者の魂に響く演技」と絶賛した。クワンと表現力に長けたキム・ヨナの重なりは多い。

 一方、浅田の憧れたリピンスキーについて前出・佐野氏はこう解説する。

「当時15歳の彼女は3回転+3回転をポーンと入れて、年上のお姉さん選手たちができないようなことをやって金メダルをさらっていきました。そういうチャレンジャー的な演技は、真央ちゃんの常に新しいものに挑戦していくというフィギュアへの捉え方と似ているように思えます」

 自身が憧れるリピンスキーが、のちのトリノ五輪の年齢制限規定に関係していたのは皮肉と言えよう。折山氏が話す。

「特例で出場したリピンスキーですが、金メダル後、まもなくして引退したのです。このことをきっかけに特例資格が見直され、明確なルールが制定されました。もしこのことがなく、特例でトリノに浅田が出場していれば、あのときの勢いから見て優勝してもおかしくなかった」

 そのトリノでは、荒川静香(32)が日本人初の金メダルをもたらすのだが、スポーツ誌編集者が解説する。

「SPを終わって66点台が3人という大混戦の中、荒川サイドは優勝の鍵と言われたトリプルトリプルをFS〈フリースタイル〉であえて回避したんです。上位陣がミスで脱落し、その作戦がズバッとハマりました。ジャンプが最大の武器の浅田が出場していたならば、違った展開になっていたはずです」

 浅田の母・匡子さん(享年48)も、バンクーバー五輪後に、本音を語っていた。

「トリノ五輪に出ていたら、真央は金メダルを獲ってたと思うの。当時はプレッシャーが何かもわからないままにピョンピョン跳んでいたし(笑)。でもね、あの時に金メダルを獲っていたら真央の成長は止まっていたと思う」

 そして06-07シーズン、2人は4年後のバンクーバー五輪に挑むために拠点を海外に移し、新コーチを迎え、新たに動き始めた。浅田が選んだ先は米国の西海岸・ロサンゼルス郊外のレイクアローヘッド。キム・ヨナはカナダのトロントだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
2
清原和博を巡り起きていた西武黄金時代・ベンチ内の“ギクシャク”とは
3
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
4
橋本環奈、「ハト胸」説を一蹴する艶ショット公開で“アンチ”も降参!?
5
有村架純が「ふさふさヘア」を公開!こんなに濃いなんて…と驚く声の“真意”