スポーツ

ソチ五輪間近!「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(3)

20140206k

 フィギュアスケート解説者の佐野稔氏が語る。

「ミシェル・クワンはどちらかというと、今あるものをより正確に演じるタイプでしたね。確か“ミス・パーフェクト”と呼ばれていたんじゃないかな。その点では、ヨナさんの目指す演技に共通しますし、常に技を磨いていくタイプという点でも重なって映ります」

 クワンは、五輪初出場となった長野で5種類のジャンプを7回の構成を完璧に演じた中国系米国人だ。安藤美姫のコーチだったニコライ・モロゾフ氏は彼女の演技を「見る者の魂に響く演技」と絶賛した。クワンと表現力に長けたキム・ヨナの重なりは多い。

 一方、浅田の憧れたリピンスキーについて前出・佐野氏はこう解説する。

「当時15歳の彼女は3回転+3回転をポーンと入れて、年上のお姉さん選手たちができないようなことをやって金メダルをさらっていきました。そういうチャレンジャー的な演技は、真央ちゃんの常に新しいものに挑戦していくというフィギュアへの捉え方と似ているように思えます」

 自身が憧れるリピンスキーが、のちのトリノ五輪の年齢制限規定に関係していたのは皮肉と言えよう。折山氏が話す。

「特例で出場したリピンスキーですが、金メダル後、まもなくして引退したのです。このことをきっかけに特例資格が見直され、明確なルールが制定されました。もしこのことがなく、特例でトリノに浅田が出場していれば、あのときの勢いから見て優勝してもおかしくなかった」

 そのトリノでは、荒川静香(32)が日本人初の金メダルをもたらすのだが、スポーツ誌編集者が解説する。

「SPを終わって66点台が3人という大混戦の中、荒川サイドは優勝の鍵と言われたトリプルトリプルをFS〈フリースタイル〉であえて回避したんです。上位陣がミスで脱落し、その作戦がズバッとハマりました。ジャンプが最大の武器の浅田が出場していたならば、違った展開になっていたはずです」

 浅田の母・匡子さん(享年48)も、バンクーバー五輪後に、本音を語っていた。

「トリノ五輪に出ていたら、真央は金メダルを獲ってたと思うの。当時はプレッシャーが何かもわからないままにピョンピョン跳んでいたし(笑)。でもね、あの時に金メダルを獲っていたら真央の成長は止まっていたと思う」

 そして06-07シーズン、2人は4年後のバンクーバー五輪に挑むために拠点を海外に移し、新コーチを迎え、新たに動き始めた。浅田が選んだ先は米国の西海岸・ロサンゼルス郊外のレイクアローヘッド。キム・ヨナはカナダのトロントだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
やっぱり出た!スカーレット「戸田恵梨香の女学生」に噴出した“苛烈不満”