スポーツ

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(1)

20140213c

 不調にあえげばあらゆる原因が詮索され、復活を遂げれば我がことのようにファンが歓喜する。武豊のスター性は誰もが認めるところだが、87年デビュー以降の27年間、武豊以外にスターと呼べる騎手は誕生していない。それはなぜだ!?

「プロフェッショナルという言葉を、あれほど早くから意識した騎手もいないんじゃないかな」

 こう語るのは競馬評論家の丹下日出夫氏だ。89年桜花賞、1番人気のシャダイカグラで見せた“あえての出遅れ”は、デビュー3年目らしからぬ騎乗だった。01年エ女王杯では乗り難しい先行馬トゥザヴィクトリーを馬群から離し、直線の末脚に賭けて勝利。皐月賞のナリタタイシン、最近ではダービーのキズナなど、追い込んで勝たせたGI馬は数知れない。安全な先行策を取りたくなるGIレースで一か八かの騎乗ができる騎手、それが武豊だ。

「馬に乗ってない時は柔和な笑顔だけれど、騎乗すれば冷徹な勝負師になる。他の騎手とは意識が違うよね。若い頃からレース後、関係者に『次は芝の短距離がいいですよ』などと進言していたけど、それが実に的を射ており、気がつけば『豊の言うとおりだ』となる」(前出・丹下氏)

 有馬記念のオグリキャップに「芝での調教を進言し、復活優勝させた」と、著書「『武豊』の瞬間」に記した作家の島田明宏氏は、武豊の記憶力に感心する。

「若い頃から“歩く競馬四季報”と呼ばれていました。10年前の未勝利戦のビデオでも『ここで僕がステッキを持ち替え、馬群に入れたら○○さんが下げた』など、全て覚えているんです。レースだけじゃなく、例えば海外遠征の際、競馬場のガードマンに『この前、シカゴにいた人だよね』と。そこは別の競馬場なのに一度見たガードマンの顔まで覚えている人ですから」

 この記憶力がレース運びや乗り替わりの騎乗で生き、3600もの勝利を積み重ねてきたわけだ。

 さらに島田氏は、騎乗技術についても「ぬきんでている」と、こう断言する。

「ハナ差など際どいゴールの瞬間、彼は手綱を前に投げる。つまりゴール寸前、彼はどこにもつかまっておらず、足で鐙に立っているだけ。キズナがニエル賞を短頭差で勝った時もそうでしたね。手綱に頼らなくても重心移動だけで馬の操作ができるため、ハミで支点を作らず乗ったほうがいい馬の場合は手綱に触れているだけなんです。こんな技術を持った騎手は世界に何人もいないと思いますよ。落馬の危険もあり他の騎手は怖くてできません」

 その騎乗フォームも美しい。かつて“ミスター競馬”と呼ばれた故・野平祐二氏は「彼だけはすぐに見つけられる。彼が乗ると馬のフォームまで美しくなる」と語っていたが、“魅せる”ことを心がけているのもスターならではだ。

「それに比べて、最近はお尻をドッスン、ドッスン上下させる追い方をよく目にする。岩田康誠を筆頭に蛯名正義、幸英明もそう。岩田が結果を出して以降、“岩田乗り”と言われるけど、競馬を知らない人に『見てくれ』と言えるフォームじゃないよね。去年の阪神JFでも単勝1.7倍に支持されたハープスターの川田がドッスンしなければ、逆にハナ差で勝っていたかもしれない」(スポーツ紙記者)

 その川田は、昨年のリーディング2位、今年も3位(1月26日時点)につけている。しかし、26日に油断騎乗で騎乗停止(2日間)を受けているようでは、超一流への道は遠そうだ。

 武が超一流という証しに5度のダービー制覇という勲章は大きい。一方、昨年のリーディング1位の福永祐一は、牡馬クラシックは昨年の菊花賞のみ。だが、ダービーを制するチャンスは10年前にあった。

「03年、同厩舎のネオユニヴァースとエイシンチャンプの2頭のお手馬が重なった際、福永はエイシンチャンプを選択した。ところが、ネオユニヴァースが皐月賞とダービーを制している。豊さんはそういった“選択ミス”をしないし、菊花賞を勝ったのもデビュー2年目。マイネルフリッセが出走を取りやめたことで18頭目にスーパークリークが滑り込んだ」(前出・記者)

 こうした運をつかむのも、スターの証しなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」