スポーツ

プロ野球キャンプイン!セ・パ12球団の地雷地帯を先取りガイド(4)

20140213y

 右肩痛で昨年を棒に振った日本ハムの斎藤佑樹(25)は今や巨額契約でヤンキース入りした同級生右腕に大きく後れを取ってしまった。「肩の不安はない。リベンジします」とヤル気を見せているが、

「先発陣の構想は武田勝(35)、吉川光夫(25)、木佐貫洋(33)、新外国人メンドーサ、石井裕也(32)の5人までほぼ決まっており、残り1枠。ただ、二刀流を続ける大谷翔平(19)のローテ入りが『内定』状態です」(スポーツライター)

 さしあたって6番手を争う斎藤と大谷は、2月8日の紅白戦で先発として激突することが決まっている。スポーツライターがさらに続ける。

「栗山英樹監督(52)は大谷に『今年はお前がチームを勝たせろ』とハッパをかけているほどで、大谷をエースにすることを将来的な優先事項に掲げている。同じドラ1入団の斎藤は崖っぷちです。どれだけ意地を見せられるかでしょう」

 とはいえMAX155キロと130キロ中盤の勝負は、

「大谷に蹴散らされる公算大でしょう。公開処刑のような感じです」(スポーツライター)

 日本ハムが「大谷VS斎藤」なら、ロッテは「成瀬善久(28)VS涌井秀章(27)」のエース争いが地雷原。

「横浜高校の先輩後輩同士である成瀬と涌井が、高校時代のシゴキが原因で犬猿の仲なのは有名な話です。そして伊東勤監督(51)は肝心なところで打たれる成瀬をあまり信用しておらず、さっそく『涌井を開幕投手に』などと言っている。成瀬にすれば、折り合いの悪い監督と後輩がいて、開幕投手の座を奪われるかもと心中穏やかではない。いつ対立が表面化するか、見ものです」(デスク)

 Bクラス脱出が至上命題のオリックスは、野球に打ち込みづらい「環境」が選手を悩ませているという。

 森脇浩司監督(53)は昨秋、ドラフト1位右腕、吉田一将(24)の指名挨拶に出向いた際、「かわいい顔してるね」と笑顔を見せたが、

「その場にいた『事情』を知っている記者は皆、凍りつきました。何しろ森脇監督は昔から“コレ”の嗜好があると言われ、選手たちは警戒していると‥‥」

 在阪のスポーツマスコミ関係者はそう言って、親指を立てたのだ。もちろん「真偽」は定かではない。

 はたして足元に潜む地雷を踏まずにキャンプを乗り切れる球団はあるのか!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?