スポーツ

岡本和真、人気格闘漫画の意外な“野性キャラ”好き判明で愛称が変更か!?

 少年漫画誌「週刊少年チャンピオン」において、板垣恵介氏原作の漫画「グラップラー刃牙」の連載がスタートしたのは、1991年43号。以後、「第2部 バキ」「第3部 範馬刃牙」などとタイトルを変更して、今も連載を続けるコアなファンに人気の格闘漫画である。

 その「刃牙」シリーズの連載30周年を記念して、〈東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリーアーモ)〉では、「連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ」が、3月5日より4月17日まで開催されている。

 そんな中、巨人の若き主砲・岡本和真がこの地を訪れる映像が披露されたのは、巨人のYouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉の、3月10日付け投稿回〈若大将、「刃牙展」へ行くッッ!!〉でのことだ。

 高校時代から「刃牙」シリーズを愛読していたという岡本は、展示会場を練り歩く中、登場人物の等身大人形など、展示物の前でその都度スタッフに解説し、「ボクがこんなに詳しいってビックリしてるでしょ!?」。

「どうでしたか、1周してみて?」とのスタッフの質問に、「マジで凄いです。めっちゃ楽しいっス」と野球を忘れて楽しんでいる様子がうかがえた。

 昨シーズン、パ・リーグで初の本塁打王に輝いた、オリックスの杉本裕太郎は、漫画「北斗の拳」に登場するラオウのファンであること、また身長190cmの巨漢も相まって、「ラオウ」と愛称されている。

 岡本自身は、「刃牙」シリーズの登場人物の中で、素手喧嘩をファイトスタイルとする野性味あふれる花山薫が好きだと言う。柔和なイメージの岡本と真逆のキャラ好きが判明したが、これが縁で、今シーズンから「刃牙」にちなんだ愛称で呼ばれるかもしれない…!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった