スポーツ

矢野阪神「ドロ沼借金地獄」のベンチ裏(2)地に落ちてしまった求心力

 こうなれば、矢野監督の気力体力と同様、チームの士気がダダ下がりの一途を辿るのは仕方のないところ。今やベンチ内は空中分解の危機に瀕している。

「もともと、昨年後半から坂本誠志郎(28)や小野寺暖(24)などお気に入りの選手を重用する“エコ贔屓采配”による不満から、矢野監督の求心力は地に落ちていました。そこに拍車をかけたのが春季キャンプ前日の“退任宣言”です。ほとんどの選手の反応は驚き半分、『何言ってんだ?』という呆れた様子でした。とても『監督を胴上げしたい』という雰囲気になるはずもありません」(球団関係者)

 そんなゲンナリムードに拍車をかけたのが、昨季最多勝の青柳晃洋(28)のコロナ離脱だった。

「開幕投手に内定していただけに、首脳陣は先発ローテーションの再整備にバタつきました。しかも2軍監督時代から目をかけていた“矢野シンパ”で、『監督のために戦う』と意気込んでいた数少ない理解者だった。そのため、監督は想像以上の精神的ショックを受けていたようです」(球団関係者)

 それでもその開幕戦は、急遽任された藤浪晋太郎(28)が、昨季Vのヤクルト打線を相手に7回3失点の好投。幸先よく今季初勝利に漕ぎつけたいところだったが、悪夢の大炎上劇が待ち受けていた。

齋藤友貴哉(27)が3点、岩崎優(30)が1点、新守護神のケラー(28)が3点を奪われて、最大得点差7点、藤浪降板時点までに蓄えていた5点のリードが水泡に帰する展開になってしまった。中でも大誤算はケラーで、次の登板機会でもリリーフに失敗。一度もセーブを記録することなく、たった2試合で見切りをつけられ抹消されてしまいました。結局、昨オフに放出したスアレス(31)の抜けた穴が埋められずにいる」(スポーツ紙デスク)

 そもそもケラーに対する矢野監督の評価は、決して芳しいものではなかった。球団関係者が明かす。

「元巨人・マイコラス級の直球とカーブを持つリリーバーと評されていましたが、完全に国際スカウトが下駄を履かせた情報でした。実際に投球を目にした矢野監督は、リリース時の球離れの早さとカーブの曲がりの小ささに難色を示していたようです。本当は岩崎か、4年目の湯浅京己(22)のいずれかを抑えに据える構想だったそうです。今季限りで去る身、自身の責任を回避すべく、土壇場でフロントの意向に沿っただけなのかもしれません」

 後悔先に立たず。結果のみが全てのプロ球界で、もはや「たられば」は禁句である。

 それでもシーズン序盤から光明を見出せない矢野監督にエールを送るのは、阪神OBの川尻哲郎氏だ。

「今こそ、ベンチの前に出てきて選手を鼓舞するスタイルに立ち返るべきです。勝利に飢えているファンも“矢野ガッツ”を待っているはず。まだまだ、この先のシーズンは長いだけに『ここからやったるわ』という気概を持って巻き返してほしい」

 シーズンは始まったばかり。矢野阪神の奇跡的な逆襲劇に期待したいのだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」