スポーツ

菅野が記録更新「巨人・開幕投手登板数」に江川卓が出てこない不思議

 去る3月25日の日本プロ野球開幕戦、巨人は先発の菅野智之で幸先よく白星を挙げた。菅野の開幕投手は、上原浩治氏の7度目を抜いて8度目。また開幕戦5勝目は、別所毅彦氏と斎藤雅樹氏の4勝を抜いて、いずれも球団最多記録を更新した。

 しかしながら、ここでふと気になることが…。「昭和の怪物」と呼ばれた江川卓氏の開幕投手の回数、ならびに勝利数が、ここに挙がってこないことだ。

 江川氏は1年目の1979年こそ1ケタの9勝に甘んじていているが、80年16勝、81年20勝と2年連続最多勝を獲得しており、以後、引退する87年まで、全て2ケタ勝利。現役こそ9年で退いたが、まさしく巨人のエースであり、前述の巨人OBや菅野超えの開幕記録があってもおかしくないように思える。実はここに、江川氏のライバルと目されていた西本聖氏の存在が大きく関わっていたのだ。

 江川氏は自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】」を4月19日に更新。そこで語られたのが、

「西本がね、春先調子いいんですよ。で、ボクは春は調子悪いの。夏場にグーンって上がっていくタイプなんですよ。本当に正しいのは、西本開幕投手」

 そう冷静に分析した江川氏だが、エースのプライドか、

「だけど、イヤだったけどね」

 と本音も吐露したのだった。

 巨人の開幕投手は、80年から8年連続で江川氏と西本氏が交互に4度務め、江川氏が2勝1敗、西本氏が3勝という成績。江川氏の見立てはあながち間違っていないと言えそうだが、当時監督を務めていた長嶋茂雄氏、藤田元司氏、王貞治氏らの、2人をライバル関係にして発奮させようとの意図も透けて見えるようだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?