社会

日本で認可「コロナ新ワクチン」の原材料は「狂暴凶悪で超グロテスクな毛虫」だった

 アビガンにイレッサ、ゾフルーザ…。テレビや新聞でゴリ押しされる新薬に良薬なし、である。

 アメリカのノババックスが開発、製造する新しい新型コロナワクチンが、日本国内でも認可された。昔ながらの製法で作られているので副作用は少ない、安全性が高いと説明する専門家や医師もいる。

 いや、ちょっと待て。「昔ながらの製法」とはどういう意味か。

 これはノババックス・ワクチンの説明書に明記されているが、ワクチンの原材料は「ツマジロクサヨトウ」から作られるタンパク質である。

 植物と勘違いして安易にネット検索するなかれ。これは閲覧注意の、北米や南米、アフリカで農作物に深刻な被害を与えている別名「アーミーワーム」と呼ばれる、イナゴよりも凶暴凶悪な毛虫なのだ。ウクライナ情勢や新型コロナだけでなく、この害虫による飼料用トウモロコシの不作も、世界中で食材の高騰を招く一因となっている。医療ジャーナリストによれば、

「ワクチンの原材料に虫のタンパク質を使うこと自体は、珍しくありません。日本では伝統的に、カイコを用いて薬が作られることが多いですし。カイコが作る絹は良質のタンパク質としてサプリメントになっているし、ハチミツはもちろん、蜂の子やイナゴの佃煮を食べる食文化も日本にはあります。カイコやハチが薬の材料と聞いても、抵抗感を抱く人は少ないでしょう。しかし…アーミーワームは接種を躊躇するほどグロテスクです」

 北米農家を悩ませている毛虫を材料にするという発想がアメリカ人らしい。ピンチをビジネスチャンスに変える強さ、逞しさは見習いたいものである。

「自然由来の安心安全な原材料」などと喧伝されるが、生物由来のタンパク質を原料としているため、アレルギーを起こす確率も決してゼロではない。

 メッセンジャーRNAのワクチンは危険で、自然由来のワクチンは安心、と思い込むのは危険だ。あくまでワクチンの選択肢が増えたと捉えるべきだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史