スポーツ

広島&オリックス 最も優勝から遠ざかっている2チームが大進撃!(4)糸井がサインを覚えられるよう配慮

20140424hi_2

 4月4日の西武戦では14奪三振、1失点完投勝利を収めるなど、チームの大黒柱・金子も盤石だ。とはいえ、登板間隔や起用法などを巡って、球団に不満を募らせてきた金子は、今オフにFA移籍が濃厚とも言われている。

「金子はメジャーには興味がなく、国内移籍が有力視されている。すでに巨人が獲得に向けて、非公式に関係者が『来いよ』と声をかけているとか。他にも投手陣崩壊の阪神が触手を伸ばしている模様です。いずれにせよ、金子本人としては好成績を残せば、より好条件で契約できるため、モチベーションは高い」(スポーツライター)

 昨年、悲願の日本一を果たした楽天に闘志を剥き出しにしているのは鉄平だ。

「野村監督時代に首位打者のタイトルを獲得した鉄平ですが、星野監督になってからは出場機会が減少し、控えに回るようになりました。『楽天の2連覇は何としても阻止する』と口にし、スコアラーに楽天選手のデータを提供、首脳陣は“王者攻略”の虎の巻として重宝している」(オリックス球団関係者)

 日本ハムからまさかの放出をされ、オリックスで2シーズン目を迎えた主力の糸井も「打倒日本ハム」に燃えている。

「ハム時代から有名だった、サインを覚えられない糸井のために、球団は簡単に覚えられる“糸井メモ”を作成して覚えさせた。これに糸井は感激して、『チームのために頑張ります』と今年は本気ですよ」(球団関係者)

 エース金子で今季の年俸が2億円。“ケチックス”と揶揄されてきたオリックスだが、親会社の創立50周年という節目に18年ぶりのリーグ優勝を、とフロントは“ニンジン作戦”も敢行している。

「昨季、最優秀中継ぎ投手に輝いた佐藤のように『タイトルを獲った選手には、大盤ぶるまいをする』と、フロントは伝えているようで、目の色を変えてプレーしている主力は多い」(球団関係者)

 近年は万年Bクラスの烙印を押され、苦汁を味わい続けてきた広島とオリックス。だが、今季のベンチ裏をのぞくかぎり、しばらくはワッショイ、ワッショイの快進撃が続きそうな勢いだ。いや、ひょっとしたらひょっとするぞ!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!