スポーツ

掛布雅之 セ・リーグの他球団では広島・巨人が難敵

 セ・リーグの他球団に目を向ければ、前評判の高かった巨人と広島が好スタートを切りました。広島はチームバランスが整っています。エースと4番、センターラインの守りという優勝チームに必要な条件を備えています。

 やはり前田健太という絶対的エースを持っているのは強みですし、来日2年目のキラも日本の配球に慣れ、落ち着きのある4番打者となりました。菊池、梵の二遊間は攻守に安定感があります。特に二塁手・菊池はお金を取れる守備です。一度、球場に足を運んで菊池の守備位置を見てください。甲子園球場なら外野の芝生の上です。他の二塁手より2歩も3歩も後ろで、守備範囲の広さは球界随一です。

 各評論家が優勝の本命に推した巨人は、やはり野手の戦力が充実しています。来日2年目で日本の野球に慣れたロペスが好調ですし、新外国人のアンダーソンも広角打法で率を残しそうです。開幕3戦目から、阿部をクリーンアップから外しましたが、それも両外国人が好調だからこその策です。片岡も、長打も嫌らしさもある2番打者として、相手球団にはやっかいな存在となりました。

 ですが、巨人も投手陣のほうはまだ盤石とは言えません。先発の頭数も足りませんし、救援陣も昨季ほどの安定感はないと見ています。原監督が開幕3戦目で阿部を5番から6番に下げたのも、リードのほうにより専念してほしいとの狙いがあるはず。まだ他球団のつけいる隙は十分にあります。

 野球の格言で「打線は水もの」という言葉があるように、優勝するためにいちばん大事なのは「守り」です。85年の阪神も打線の力で日本一になったイメージがあるかもしれませんが、日本シリーズで戦った西武・広岡監督が驚いたほどの守備力があったのです。だからこそ、今年のタイガースも打線が元気なうちに、投手を中心とした「守る野球」のリズムを作る必要があるのです。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?