スポーツ

掛布雅之 セ・リーグの他球団では広島・巨人が難敵

 セ・リーグの他球団に目を向ければ、前評判の高かった巨人と広島が好スタートを切りました。広島はチームバランスが整っています。エースと4番、センターラインの守りという優勝チームに必要な条件を備えています。

 やはり前田健太という絶対的エースを持っているのは強みですし、来日2年目のキラも日本の配球に慣れ、落ち着きのある4番打者となりました。菊池、梵の二遊間は攻守に安定感があります。特に二塁手・菊池はお金を取れる守備です。一度、球場に足を運んで菊池の守備位置を見てください。甲子園球場なら外野の芝生の上です。他の二塁手より2歩も3歩も後ろで、守備範囲の広さは球界随一です。

 各評論家が優勝の本命に推した巨人は、やはり野手の戦力が充実しています。来日2年目で日本の野球に慣れたロペスが好調ですし、新外国人のアンダーソンも広角打法で率を残しそうです。開幕3戦目から、阿部をクリーンアップから外しましたが、それも両外国人が好調だからこその策です。片岡も、長打も嫌らしさもある2番打者として、相手球団にはやっかいな存在となりました。

 ですが、巨人も投手陣のほうはまだ盤石とは言えません。先発の頭数も足りませんし、救援陣も昨季ほどの安定感はないと見ています。原監督が開幕3戦目で阿部を5番から6番に下げたのも、リードのほうにより専念してほしいとの狙いがあるはず。まだ他球団のつけいる隙は十分にあります。

 野球の格言で「打線は水もの」という言葉があるように、優勝するためにいちばん大事なのは「守り」です。85年の阪神も打線の力で日本一になったイメージがあるかもしれませんが、日本シリーズで戦った西武・広岡監督が驚いたほどの守備力があったのです。だからこそ、今年のタイガースも打線が元気なうちに、投手を中心とした「守る野球」のリズムを作る必要があるのです。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”