スポーツ

阪神バッテリーを丸ごと強奪も!巨人が手を染める「掟破りのFA補強」

 巨人が今オフ、FA制度の掟破りともいえる補強に乗り出す可能性が浮上した。在京スポーツ紙遊軍記者は、巨人の補強ポイントを次のように指摘する。

「全部といえば全部ですが、特に計算できる先発投手と捕手は、喉から手が出るほど欲しいと思います。今年は楽天・浅村栄斗や西武の森友哉などがFA宣言しそうな雰囲気ですが、阪神から西勇輝、梅野隆太郎の2選手の獲得も視野に入れているでしょうね」

 西勇はオリックス時代の18年オフに、国内FA権を行使。年俸2億円の4年契約で阪神に移籍したが、今年8月29日には、海外FA権を取得した。もちろん、来季以降も契約を結び直し、阪神でのプレーを選択する可能性は十分にある。

 だが西勇は「これまで頑張ってきた積み重ね。そういう意味でも(2度目のFA権が)取れてよかったなと思います」と話すにとどまっており、今のところ阪神残留を明言していない。

 西勇の今季成績は9勝8敗、防御率2.09と安定している(9月15日時点)。来季以降、契約を更新するならば、現状維持の2億円は最低条件であり、大幅アップを要求してくるかもしれない。

 だが、青柳が昨季、今季とエースらしい活躍をし、伊藤将司も成長。長らく低迷していた藤浪晋太郎も、ここ何試合かは、完全復活を予感させる投球内容を披露している。才木浩人、西純矢に加え、今年のドラフト1位・森木大智の成長も見込める。2ケタ勝利は見込めるが、同時に負け数が多い西勇との条件が合わない可能性も十分にある。

 一方、昨オフFA権を行使せず、チームに残留した梅野は、今季の起用法に不満を持っている。来季、阪神は新体制になることは決まっている。だが、新監督の方針によっては、さらに出番が減る可能性もある。FA宣言して、他球団の評価を聞く道を選ぶかもしれないのだ。

 巨人の補強スタイルもある。スポーツ紙デスクは、

「巨人はこれまでFAを使って、セ・リーグのライバル球団の選手を多数、補強してきた。活躍すれば御の字。ダメでも相手の戦力ダウンになるし、そのチームの情報も手に入る。阪神からバッテリーごと引き抜くメリットは大きいですよ」

 これまで巨人はFAで、12球団最多の28人を獲得してきた。だが、さすがに伝統の一戦の相手・阪神からの獲得はゼロだ。

 とはいえ、今の巨人はなりふり構っていられる状況にはない。甲子園球場での怒号覚悟で、掟破りのFA補強に乗り出すかもしれないのだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ