特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(2)

Sponsored

20140502takea

 武とキズナのコンビ初戦となったラジオNIKKEI杯2歳Sは3着、次走の弥生賞は5着と、なかなか結果が出なかった。初戦は馬が完成途上だったので力を出せなかった。弥生賞の敗因に関しては、

「上品に乗ろうとしすぎ、結果として失敗した」

 と語っている。前を射程に入れながら、いつでもスパートできるよう綺麗に乗ろうとしたら、十分な進路を確保することができず不完全燃焼に終わった。

 だが、この敗戦でかえって腹を括ることができた。

 ──周囲に合わせることなど気にせず、とにかく、キズナが走りやすいようにしてやればいい。

 そうして、コンビ3戦目、昨年3月23日の毎日杯を迎えた。「前半はゆっくり行き、直線でスパートする」という、シンプルではあるが、キズナが最も力を出せる形で走らせたら、凄まじい末脚で突き抜けた。

 武が不振に陥るきっかけとなった落馬事故に見舞われたのも、その3年前、10年の毎日杯だった

 「毎日杯」にまとわりついていた嫌なものを、キズナが目の覚めるような末脚で、すべて吹き飛ばしてくれた

 次走の京都新聞杯は、ダービーに向けての最終チェックといった位置づけになった。自分らしい走り=最強の走り、であることを、武とキズナは互いに確かめ合った。

 そして、5月26日の第80回日本ダービー。ここでも自分の競馬に徹し、鮮やかな差し切り勝ちをおさめた。

「ぼくは帰ってきました」

 スタンド前のお立ち台で、武は力強く言った。

 そこに帰ってくる過程で年間200勝を楽に超えていたころの自分のVTRを見て、今の自分とどこが違うのか考えたり、トレーニングに理学療法士の指導をとり入れたり、フォームを微調整したりと、試行錯誤を繰り返した。

 1センチでも前に出るために、日本で初めてエアロフォームを着用したのは、ほかならぬ彼だったどれだけ効果があるか定かではなくても、やれることはすべてやる「見えないところでもがき続け、涼しい顔で勝つ」というのが、彼が20代のころから持ち続けている勝負師としての美学である彼は、苦しみながら、人知れずもがき続けていた

 その結果、13年は、トーセンラーでマイルCSを勝ち、GI通算100勝という金字塔を打ち立てるなど「らしさ」を取り戻し、年間97勝をマークした。まだリーディングに返り咲いてないので「完全復活」ではないにせよ、「復活」したことは間違いない。

 急激に騎乗馬の質が上がったわけではない。「もし、彼の騎乗馬にほかの騎手が乗ったら、年間50勝もできないのではないか」というラインナップだ。にもかかわらず、100勝近く挙げたのはなぜか。当たり前だが、腕がいいからだ。あり得ないタラレバだが、おそらく今の彼なら、10年や11年の騎乗馬でもこのくらい勝っていただろう。あのころの彼が「武豊」らしいパフォーマンスを発揮できなかったのは、10年の落馬で骨折した左肩に痛みが残っていたからだと思う。

 単純な帰結になってしまうのだが、どうしてまた武が勝つようになったのか訊かれたら、私はいつもこう答えている。

「肩の痛みがなくなって、自分らしい騎乗ができるようになったからでしょう」

 彼が10代、20代のころにのし上がったのも、同じ手法だった。ほかの騎手では折り合えなかったり、動かせなかった馬で次々と結果を出してきたからだ。

 今、彼は、その作業を、一から地道にやり直しているのである。

◆作家 島田明宏

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは