スポーツ

感涙秘話!ヤクルト・村上宗隆「54号・55号」はスタンドの小児ガン患者に贈る歴史的アーチだった

 日本人選手で単独最多となるシーズン56塁打に王手をかけている、ヤクルト・村上宗隆。さすがの「村神様」選手も、新記録の壁の前で足踏みしているが、実はランディ・バースと王貞治にそれぞれ並ぶ54号、55号の連発は、闘病中の子供たちに「約束していた本塁打」だった。

 9月13日の巨人戦(神宮球場)、9回裏二死1、2塁で迎えた打席。4回に菅野から54号ソロを放っていた村上には、ここで55号を決めねばならない理由があった。この日は小児ガンで闘病中の子供と家族50人が招かれた、特別な試合。

 新型コロナ感染対策のため、観戦に来た子供たちや始球式を務めた子供たちとの直接の交流は叶わなかったが、ヤクルト球団広報によれば、

「試合を協賛したNPO法人キャンサーネットジャパンの理事をフリーアナウンサーの中井美穂さんが務めているご縁で、中井さんの夫・古田敦也さんとかつて日本一のバッテリーを組んだ高津臣吾監督、そして選手会が『試合を見に来てくれた子供たちはもちろん、入院中で球場に来られない子供たちをどうすれば励ますことができるか』と相談しました。その結果、ヤクルトの全選手が小児ガン患者を応援するゴールドリボンを模した黄金のリストバンドをつけよう、ということになりました」

 病院の消灯時間が過ぎても、子供たちがテレビの前で村上を見守っていることはわかっていた。運命の第5打席に入る前、村上は左腕のリストバンドを一瞥。渾身のひと振りは、全国のガン闘病患者に贈るアーチとなった。

 共同インタビューを終えた村上は、秋風が吹く中、村上を近くで見ようと試合終了後も残っていた子供たちのいる車いす専用席に向かって、深々と一礼した。

 試合を協賛した、NPO法人キャンサーネットジャパンの古賀真美常務理事が言う。

「野球史に残る試合の日に、小児ガン啓発の冠試合ができて、子供たちもご家族も喜んでくださいました」

 再び球団広報の談。

「村上選手の55号は、ひとつのきっかけ。高津監督と選手たちはシーズンオフに、全国の子供たちを励ます企画を考えているところです」

 メジャーリーガーが闘病中の子供を勇気づけるエピソードは見聞きするが、日本人選手では初と言っていい、闘病中の子供たちに贈るメモリアルアーチ。リーグ終了まで村上の本塁打記録がどこまで伸びるかはわからないが、全てのガン闘病中の患者を励まし続けることだろう。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」