スポーツ

掛布雅之 阪神・新井良太が実践する「脱力スイング」(2)

 頭では理解していても、体は簡単に言うことを聞いてくれません。ましてや、大観衆の中で打席に立てば誰もが自然と力みます。意識としては、70~80%の力で振る感覚で、実際には100%の力で振っている感じでしょう。最初から100%と思えば、自分の能力を超える120%のスイングになってしまい、バランスが崩れます。当然、ボールに当たる確率も低くなってしまいます。腹八分のスイングを心がけることが大切なのです。

 この微妙なさじ加減を覚えるには、練習で意識するしかありません。どうすればムダな力を抜いた飛ばせるスイングができるのか、いろいろと試せばいいのです。

 呼吸法も有効です。私も若手の頃に田淵さんから、打席での呼吸の大切さを教えてもらいました。鼻で吸って、口で吐く感じです。やり投げや円盤投げなどの投てき競技で、投げる瞬間に「雄叫び」を上げるシーンを見たことがあると思いますが、あれも理にかなっているのです。声を出すということはつまり、息を吐き出すことです。「雄叫び」は単に気合いの表れではなく、ムダな力みを消し、最大のパワーを引き出すことにつながっているのです。

 私が育成を手伝っている二軍でも、若手に打席での呼吸のしかたを教えています。「打つ瞬間に口を開けてみろ」とアドバイスする時もあります。実際の試合では、自然と歯をグッとかみしめてしまいます。練習では口を開けて打つことで、力の抜けたヘッドの走るスイングの感覚を覚えてほしいのです。脱力がうまくできれば、一軍昇格の道も開けてくるはずです。

 良太も昨季まではトップの時点から力が入り、スイングのバランスを崩す傾向がありました。力むことで右足体重となり右肩が下がったアッパースイングとなることが多かったのです。今季、ここまで3割以上の打率を残せているのも、脱力スイングでレベルに振れるようになったからです。

 阪神の強みは、その良太でさえ、レギュラーを保証されていないということです。今季から三塁にコンバートされた今成亮太とのキャンプ、オープン戦からの激しい定位置争いが、切磋琢磨につながっているのです。開幕から絶好調のゴメス、マートンの両外国人ですが、彼らを助けていたのが良太であり、今成です。6番打者が安パイだと、相手投手もクリーンアップには四球でOKと、ストライクゾーンで勝負しなくなってしまいます。彼らの存在感が両助っ人の成績を支えていたのです。

 これから始まる交流戦。パ・リーグには右の本格派投手が数多くそろっています。ここまでの阪神打線は変化球でかわしにかかる軟投派には強く、球威で勝負してくる右投手を苦手とする傾向がありました。勢いのあるストレートを見て打席で力んでしまっては、結果は明白です。各打者がいかに力みを消せるかが、パ投手攻略の鍵となります。

(数字は全て5月14日現在)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント