芸能

「クレイジージャーニー」動物解体シーンが物議!もっと強烈な番組もあるのに…

 11月28日放送の「クレイジージャーニー」(TBS系)で、南米アンデス地方の現住民が料理を作るために、飼育するモルモットの解体シーンを放送した。これが視聴者の間で物議を醸しているのだ。

 現地の女性はモルモットの頭と足を両手でつかむと、背骨を反らすように折り、一瞬で昇天させた。番組に出演した「アマゾンの料理人」として知られている太田哲雄シェフは、

「すごい神聖なものなので。それくらい食べ物に対して、この人たちはリスペクトしてる」

 と説明したが「トラウマのレベル」との苦情が沸き起こった。

 一方で「大騒ぎしすぎ」との指摘も出ているが、放送担当記者は、ある番組を引き合いに出して、

「テレビ東京で17年から不定期で放送されている『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』などは、衝撃の強さで言えば『クレイジー』の比ではありません。同番組は『食べる=生きる』をコンセプトに世界各地の危険な場所を取材し、そこに住む人々の生活と『飯』を密着する内容。過去にはフィリピンのスラム街で売られている、残飯を揚げたフライドチキンや、マニラ郊外では廃材の炭で焼いた、命が縮むというハンバーガーを紹介しました。日本では考えられない、海外の食の実態を伝えているのです。どの回もディレクターが体を張った緊張感溢れる放送内容で、モルモット料理など、鼻で笑うレベルでしょう」

 最近はコンプライアンスを気にするあまり、少しでもお茶の間にそぐわないシーンは自主規制でカットされてしまう風潮にある。

「そんな中でモルモット料理はかなりチャレンジしたと言えますが、やはり批判が出るのが実情。『ハイパー』は17年と19年にギャラクシー賞を獲得し、有吉弘行もファンと公言するなど、特に業界ウケがいい。とはいえ、作り手側と視聴者の温度差は開くばかりです」(テレビ関係者)

 テレビがつまらなくなる原因は、ここにもあったのだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
4
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応