芸能

上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が発表されたのは、11月30日。今大会のファイナリストとなったのは、ウエストランド、カベポスター、キュウ、さや香など計9組だ。今年は半数以上の5組が初進出とフレッシュな顔ぶれが揃い、12月18日に決勝戦が放送される。お笑いライターが語る。

「さらにもう1組が、敗者復活戦から決勝に駒を進めますが、こちらも激戦。3年連続で決勝に進出していたオズワルド、2度の決勝進出経験があるミキ、今年のキングオブコント優勝者のビスケットブラザーズなどが争います」

 敗者復活でどのコンビが勝ち上がるか興味深いところだが、もうひとつ、注目されているのが審査員だ。

 決勝の審査員は18年から昨年まで、上沼恵美子、松本人志、オール巨人、立川志らく、「中川家」礼二、「サンドウィッチマン」富澤たけし、「ナイツ」塙宣之の7人が務めてきた。しかし今年は、上沼と巨人が審査員から退くと、早々に表明。その宣言通り「卒業」となれば、後釜は誰になるのか。

「上沼の後継者としては友近、海原ともこ、ハイヒール・リンゴ、山田邦子あたり。オール巨人の後継者にはノンスタイル石田明、千原ジュニア、爆笑問題・太田光、麒麟・川島明などの名前が挙がっています。川島はこれまで、ファイナリスト発表記者会見で司会を務めていたのですが、11月30日の会見は、かまいたちが担当。そのため、決勝の審査員に回るのではないかともっぱらです」(前出・お笑いライター)

 審査員の発言は毎回、物議を醸すだけに、上沼と巨人の後継者も、もしかして…。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」