スポーツ

武藤敬司「猪木さん80歳の初仕事は引退試合」

テリー 今年は猪木さんが亡くなったじゃないですか。どんな方だったんですか。

武藤 もちろん猪木さんは師匠には変わりないんですけど、俺、2001年に新日本プロレスを飛び出て、馬場さんの会社に移籍して。そこからずっとご無沙汰というか、縁が切れちゃってたんですよ。

テリー なんで移籍されたんでしたっけ?

武藤 当時の猪木さんと新日本プロレスの主張する格闘技路線のプロレスが嫌いで、新日本プロレスに在籍しながら全日本プロレスにお手伝いに行ってたりしてたら、お客さんは歓迎してくれるし、居心地もよくて結果的に移籍することになったんです。

テリー そうか。

武藤 でも7、8年前かな。俺のプロデュースで「プロレスリング・マスターズ」っていうレジェンドばっかり集めたイベントをやるようになって。2020年に猪木さんを呼びたいと思って、その時にお願いに行ったんですよ。そしたら、すぐOKをくれたんですね。その代わり、その後1時間ぐらいずっとプラズマの訳のわからない話を聞かされたんですけど(笑)。

テリー エネルギーのね(笑)。

武藤 そうそう。で、プロレスリング・マスターズに来ていただいた時に、俺、初めて猪木さんから最初で最後のビンタをもらったんですよ。たぶん、それが猪木さんが最後に上がったリングで、亡くなられた後に報道番組とか、いろんなところでその写真が使われてましたね。

テリー じゃあ、最後に仲直りできたというか。

武藤 そうですね。で、これは俺は知らなかったんですけど、俺の引退試合で猪木さんのメッセージを流そうと思っていたみたいで。猪木さんの誕生日が2月20日なんですよ。で、その翌日が俺の引退試合で、次の誕生日で猪木さんは80歳なんです。で、「80歳になって最初が武藤の仕事か」なんて側近の人に言ってくれたらしくて、それにはちょっとジーンときましたね。

テリー かつての弟子のために何でも引き受けてくれて、男気がありますよね。

武藤 そうですね。

テリー でも僕ね、実は猪木さんが亡くなって、みんなが猪木さんのことをよく書いてる中、「猪木さんは日本一責任を取らない男」ってコラムに書いたんですよ。というのも、さっきのエネルギーの話もそうだけど、ほんと好き勝手やってきた人じゃないですか。だけど、武藤さんもそうだし、坂口さんも藤波さんも周りにいる人がみんないい人だから猪木さんを許しちゃった。ほんとにすごい人だったことは間違いないけど、その分すごく欠落した部分もあったんじゃないかって思うんですよね。

武藤 長州さん藤波さんは、たぶん猪木さんからしたら息子みたいな感じで、だからあの長州さんもいつも猪木さんの前では「会長、会長」ってビシッとしてるんですよ。でも俺らは孫世代だから、藤波さんや長州さんより、ちょっと図々しく言ってたような気がしますね。

テリー ああいうプロレスラーであり、凄腕のプロデューサーでもあるみたいな人はもう出てこないですよね。

武藤 いやぁ、変な話、モハメド・アリとやろうなんて普通は考えないですよ。でも、それを実現させちゃうんだから、ほんとにすごいと思いますね。

テリー 別に猪木さんにヒドい目には遭ってないんですか。

武藤 俺がまだ新日本プロレスの練習生で、小遣い程度しかもらってない時に、猪木さんがフラッと道場に練習しに来て、帰りに「武藤、タクシー呼んでくれ」って言われて呼んだんですよ。そしたら「武藤、申し訳ないけど1万円貸してくれ」って言われて、まだ返してもらってないんですよ。当時の俺の1万円ってすごい貴重だから、それは返してくれよってずっと思ってましたね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察