スポーツ

釜本邦茂が日本の「S級戦犯」を名指しレッドカード!(2)ザック采配こそが“S級戦犯”

20140703k

 2010年秋の就任以来、ザッケローニ監督は、すばやいパス回しでボールを支配する「攻撃的サッカー」を標榜したが、最後まで日本らしさは影を潜める結果となった。その「S級戦犯」こそ、指揮官のザッケローニだったと釜本氏は指摘する。

「フィジカルで劣る日本人選手にとって、パワープレーによる空中戦は不得手と言っていい。それにもかかわらずコートジボワール、ギリシャ戦ともに、終盤になるとDFの吉田麻也を前線に上げるパワープレーを指示。その作戦を想定していたのなら、パワープレー要員として豊田陽平やハーフナー・マイクといった長身のフォワードを代表に選考しておくべきでしょう。 さらに言えば、逆転負けを喫したコートジボワール戦では『大久保(嘉人)→本田→柿谷(曜一朗)』と1トップをコロコロとすり替える配置転換により、チームに混乱を招きました。痛恨のドローに終わった2戦目でも味方選手の退場により数的不利な展開を強いられたギリシャ選手たちは疲労により足が止まっていた。私だったら香川投入後に、ドリブラーの斎藤学も追加して、『どんどんドリブルで斬り込んでいけ』と指示を出していた。けれども、ザッケローニは、吉田麻也を前線に上げるパワープレーを優先し、残り1つの交代枠のカードを切るのをためらうなど、消極的な采配がチームに悪影響を及ぼしているように見える」

 一貫して攻撃的な布陣で臨んできたザック・ジャパンがW杯の本番で、よりによって消極的な戦術、選手起用に踏み切ったことこそ、チームの混乱を招いたと釜本氏は苦言を呈するのだ。

 サッカーに詳しい倉敷保雄アナウンサーも、日本の課題は「消極的な試合展開にあった」と解説する。

「つまり『虎穴に入らずんば、虎児を得ず』ということです。初戦のコートジボワール戦では1点をリードする展開となり、虎の子の1点を守ろうという戦いになってしまった。一方でギリシャ戦は数的優位の状況になったことが逆にプレッシャーとなり、プレーに焦りが見られた。しかも10対11という状況になってから、ギリシャは中央を堅める超守備的な布陣を敷いたが、クロスボールを放り込んでいくサイド攻撃に終始するのみで、攻撃のアイデアにも欠けた。屈強な選手からのプレッシャーを前にすると、パスやトラップなどのミスも際立つなど、フィジカル的な部分だけでなく、技術的な未熟さも露呈する形になりました」

 日本代表が目指したサッカーは、プレッシャーを前に、もろくも崩れ去ってしまったのである。

◆アサヒ芸能6/24発売(7/3号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声
5
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!