スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ユーバーレーベンが完全復活」

 幕開けした23年の中央競馬は、早いもので1開催目(中山・中京)が今週で幕。東のメインは恒例のAJCC、西のそれは東海ステークスだ。

 前者が大阪杯、天皇賞・春の、言ってみれば一里塚的な一戦であり、後者は今年最初のGIフェブラリーSの前哨戦(1着馬に優先出走権が与えられる)。ともにファン必見の重要なGII戦である。

 まずAJCCだが、寒さがピークになるこの時期、「超」の字が付く一流どころは放牧休養中の馬が多く、例年に比べると、やや小粒の感は否めない。とはいえ、今年の飛躍が見込まれている明け4歳のガイアフォースを筆頭に、なかなかの顔ぶれで、馬券的にはおもしろそうだ。

 まずは過去のデータをひもといてみよう。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は6回。この間、1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬も同じく6勝(2着3回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は2回。

 別定戦だけに実績馬が連絡みして当然だが、3年に1度は波乱になることを思うと、人気馬に全幅の信頼は置きにくい。

 その理由の一つとして、この重賞に限らず、今の時期の競馬は寒さで調整が難しく、ひと息入ったような馬は重め残りの状態で出走するケースが少なくない。したがって調子のよしあしをよく見極めること、そして出走時の体重には注意を払いたい。

 もろもろ考慮したうえで期待を寄せたいのは、ユーバーレーベンだ。

 言わずと知れたオークス馬だが、その後は勝ち星をあげることなく2年が過ぎてしまった。しかし牝馬にしてはタフで、まだまだ衰えを知らない。

 前走のジャパンCは10着に敗れたが、牡馬の一線級を相手にまくって出て、勝ち馬と1秒差の競馬。悪い内容ではなかった。前々走の天皇賞・秋も不利な外枠からコンマ8秒差の8着。まだ重め残りの状態だったことを思うと、よく頑張ったと評価したい。

 ジャパンCのあとは、リフレッシュを目的とした放牧で英気を養い、ここを目標にじっくりと調整されてきた。乗り込み量が豊富なため、冬場でも重めの印象はない。帰厩後もしっかりと稽古を積み重ねており、調教の動きもこの馬としては上々だ。

 厩舎関係者も「息はできており、体も締まって張りがある。力を出せる状態」と、口をそろえるほど。

 どちらかというと、直線の長い左回りの東京コース向きにみえるが、中山は決して悪くはない。3歳の時だが、小回りの芝1800メートルで争われたGIIIフラワーCで差のない3着。フルゲートの競馬で、休み明けだったことを思うと評価すべき内容だった。

 今回の芝2200メートルは適距離だけに、チャンス十分とみた。

 一方の東海SはフェブラリーSを見据えているだけあり、なかなかの豪華版。混戦と言ってよく、難解な一戦だが、狙ってみたいのはスマッシングハーツだ。

 前走のGIチャンピオンズCは7着に終わったが、プラス12キロの体重での出走。明らかに重め残りだった。それでも勝ち馬とはコンマ7秒差だったのだから力があればこそ。

 この中間はしっかり調整できており、雰囲気が実にいい。全7勝のうち1800メートル戦での勝ち鞍はないものの、息の長い末脚が身上の馬。明け7歳とはいえ衰えは感じられず、稽古の動きも目立っている。

 中京コースは〈2 1 0 4〉と相性もよく、勝ち負けになっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え