スポーツ

巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀

 これが外様の悲哀か──。

 今季、巨人との5年契約、総額25億5000円(推定)の最終年を迎える丸佳浩に、深刻な懸念の声が出始めている。スポーツ紙デスクは、

「清原和博や工藤公康の例でも分かるように、巨人はFA移籍してきた外様には冷たい。力のあるうちはそれなりの扱いをしてくれるが、衰えがはっきりすると、手のひらを返す。平気でプロテクトを外して、FAの人的補償のリストに入れるチームですからね」

 事実、過去6回もベストナインに輝いた頃に比べると、確実に力は衰えている。巨人入りした19年以降は打率3割に到達したことはなく、21年には開幕からの打撃不振で、巨人移籍後初の2軍降格を命じられている。最近では内角球のストレートに差し込まれて凡退する打席が目立つ。

 また、13年に29盗塁でタイトルを取った自慢の走塁にも、陰りが出始めている。昨季の盗塁数わずか6に対し、失敗7という数字が如実に物語っている。

 さらに、ゴールデングラブ賞7回の受賞歴を誇っていた自慢の守備にも、衰えが指摘されている。「センターラインの強化」を課題に挙げる原辰徳監督は丸を見限って、定位置のセンターからレフトへコンバートすることを示唆。空いたポジョションには新外国人のルイス・ブリンソンを筆頭に、ドラフト1位の浅野翔吾や、内野手からコンバートする増田陸らの起用を検討しているほどだ。

 レフト転向でかつての輝きを少しでも取り戻せばいいが、成績がこのまま下降線をたどるようなことになれば、チーム内での立場を失いかねない。

「丸は広島でも結果でチームを引っ張ってきた選手。今季、ソフトバンクから新加入した松田宣浩や出戻りの長野久義のような、チームリーダータイプではない。結果が出なければ、一昨年のようなファーム降格が待っています。そうなれば、オフの契約更改がどうなるかわかりません」(前出・スポーツ紙デスク)

 丸は今、尖った崖の上に立たされているようだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」