スポーツ

「猪木VSアリ」38年目の死闘“新”事実!(4)様々な問題をくぐり抜けいつしか二人は友人に…

20140710j

 もちろん、猪木と新日サイドも「こういう事態になったのはアリ側の強引なルール変更が原因でまともな試合ができなかったため」という理由で損害賠償を求めた。

 新間氏はアリのマネジャーのハーバート・モハメドと交渉するため、英語の堪能な弁護士と渡米した。

 辣腕弁護士はハーバート・モハメドと相手方弁護士を前にこう畳みかけた。

「日本経済はどんどん成長している。損害賠償の金額の価値はどんどん下がっていくだろう。我々は何年かかってもかまわない」

 そこで新間氏はモハメドに、切り出した。

「弁護士を外してくれ。うちも外すから」

 サシで向かい合った辣腕マネジャーに新間氏は忌憚なく言った。

「私の父は仏教者だ。日本を発つ際、『相手に心で語れ、心の耳で聞け、心の目で見ろ』とアドバイスされてきた。我々は今、どん底の状況を味わっている。手を差し伸べてくれるのはあなたしかいない」

 新間氏は新日本プロレスと猪木の窮状を率直に語った。世紀の戦いの末、猪木はかつてない逆風に見舞われていた。社長を務める新日本プロレスの試合も客足が極端に落ち、キャッシュも底をついていた。

「新間、キミは何を望んでいるんだ」

 ハーバート・モハメドは尋ねた。そこで新間氏は「裁判を取り下げてほしい」と頼んだ。そればかりか、猪木夫妻をタイトルマッチに招待するとともに、エキシビションマッチをやってくれるよう請うた。

 ハーバート・モハメドの答えはOK。即答だった。そして目の前の受話器を取ると、アリに電話し、新間氏に受話器を渡して、全て解決にこぎつけた。

 その結果、アリ・猪木側双方とも訴訟を取り下げ、未払い金の120万ドルを放棄する示談は成立。

 その後も真剣勝負という修羅場をくぐり抜けたアリと猪木は、かけがえのない友人になり、タイトルマッチや結婚式に新間氏も含めて招待するようになった。アリがテーマ曲の「アリ・ボンバイエ」を猪木にプレゼントし「イノキ・ボンバイエ」が誕生したのもあまりにも有名なエピソードだろう。藤原が言う。

「真剣勝負というのは往々にして、ああいう膠着状態になるもんです。でもね、猪木さんは試合前1カ月は酒も断っていた。そのあまりの形相に俺も心配になり、練習後、グラスも冷やした、よく冷えたビールを出したら、猪木さんはニッコリ笑って、うん、半分だけなと言ってうまそうに飲んだ。あの試合はね、まさしく負けたほうが全てを失う、命がけの真剣勝負だったんです」

 当時32歳だった猪木と34歳のアリの全盛期の雄姿は、いつまでも色あせることはない。

(一部敬称略・了)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ