芸能

発見「清楚系既婚女子アナ」12人の桃色私生活(1)局アナ時代は超夜遊び好きだった中野美奈子

 かつてテレビ番組でオトコたちの視線を釘づけにした“清楚系局アナ”たち。結婚&退社を経た今、どこで何をしているのだろうか? そこでアサ芸は、12人の元局アナたちを徹底追跡。当時の姿からは想像しえない近況が明るみに出てきた。

 21年6月にスーパーマーケットチェーンを経営する「年商2000億社長」と結婚した加藤綾子(37)が「家族との時間を大切にしたい」と22年9月末でテレビ露出を休止してから4カ月あまり。今では多忙なキャスター業から解放され、“新婚生活”を満喫する日々を送っているという。フジテレビ関係者が明かす。

「今年1月にハワイで挙式したのですが、彼女が招待したのは親戚と学生時代の親友のみで、同僚アナたちは呼ばれていません。当面は仕事のことを忘れて、テレビ業界から距離を取りたいという考えみたいです」

 復帰時期を想定するうえでも注目されるのが、“おめでた”のタイミングだ。

「旦那さんの跡継ぎ問題もありますし、彼女自身、独身時代から『すぐにでも子供が欲しい』と漏らしていた。そう遠い話ではなく、早ければ年内出産の可能性すらあると思います」(フジ関係者)

 加藤とともにフジの「女子アナ黄金時代」を支えた中野美奈子(43)は、多忙な日々を送っている。フジ関係者が続ける。

「中野は10年に結婚して、医師である夫の転勤により12年にフジを退社してシンガポールに移住した。そして18年末には夫の実家のある広島に引っ越し。昨年から中野の故郷である香川県丸亀市に夫がクリニックを開業しました」

 そんな中野が何ともウズウズしてきたようで、1月18日放送の「ノブナカなんなん?」(テレビ朝日系)で自宅ロケを初解禁したのだ!

「今は2人の子供の育児や家事に加えて、クリニックの経理も手伝うかたわら、フリーアナとしても活動している。『香川に永住する』と話していましたが、フジ時代は超のつく夜遊び好きだった。そろそろ欲求不満が爆発するかもしれません」(フジ関係者)

 同番組では中野の後輩の本田朋子(39)の近況も明かされた。

「13年にプロバスケットボール選手の五十嵐圭と結婚後、夫が所属するチームの名古屋に移住しました。そして16年には新潟、21年からは群馬県太田市と、夫の移籍とともに、移住生活を繰り返している。1月下旬には4歳の息子とともに家族旅行を楽しんだことをインスタで報告していましたね」(フジ関係者)

 結婚後のこの10年、地方を転々とする生活を続けている本田だが、フジ関係者は「彼女は中野みたいに欲求不満が爆発する心配はないでしょう」と前置きして、こう続ける。

「独身時代に交際していたプロサッカー選手の長谷部誠に会うため、休みのたびにドイツの地方都市まで片道20時間以上かけて通っていた。愛する人間のためならどこにでも行ける胆力の持ち主なんです」

 13年にジョッキーの福永祐一と結婚した松尾翠(39)も元フジテレビ。現在は京都を拠点にしている。制作会社のスタッフが語る。

「21年にオンラインを中心に販売する書店を設立。騎手の妻として3人の子供を育てながら、書店主として朗読イベントや本棚プロデュース、貧困国に図書館を作るクラウドファンディングなど、アクティブな日々を送っています」

 多忙な生活を送る一方で、ストレスの発散は意外な場所で行われていた。

「京都のゲームセンターでの目撃談が相次いでいるんです。局アナ時代にもお台場のゲーセンに入りびたっていたというほどのゲーム好きでしたから(笑)」(スタッフ)

 今はシニア向けのeスポーツも注目されているだけに、新たな事業展開を模索しているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】