芸能

篠田麻里子「ドロ沼⇒円満離婚」アピールでわかった「ママタレ死守」の落としどころ

 篠田麻里子が3月23日に自身のインスタグラムで、実業家の高橋勇太氏との離婚成立を発表した。

 2019年2月に結婚し、21年4月には第1子となる女児を出産。ママタレとして活躍の場を広げたが、昨年8月に別居状態であること、離婚調停中であることが報じられた。

 さらに同年12月には「週刊文春」が、旅行会社社長との不貞疑惑を報道。夫婦間の修羅場と思われる音声データまでもがネット上に拡散し、ドロ沼化していた。すったもんだの末の離婚発表について、芸能ライターが語る。

「文面は高橋氏との連名で『無事に解決しました』と、あくまで円満離婚だったことを強調。『私は、この度の件について、麻里子の言葉を信じることにしました』などと高橋氏の宣言まで入れている。篠田は不貞について真っ向から反論していただけに、意外ともいえる早い解決でしたが、最終的に夫が折れたのは一人娘への影響を第一に考えた結論だと言われています」

 ただ、今回の報告では「娘の父親・母親として協力して娘の子育てを行ってまいります」としているだけで、親権については触れられていない。

「娘を巡っては、夫が自宅から連れ去ったとして篠田が監護者指定の調停を申し立て、監護権を得た上で、昨年12月に引き取っている。監護権とは親権の一部で、子供を教育する権利。親権にはこの監護権のほか、法定代理権や財産管理権がありますが、監護権だけを母親に分けるのは、親権争いでモメた際の落としどころとしてよく取られる手法だといいます。篠田はギリギリのところで『ママタレ』の体面を保ったといえますが、やはりダメージは避けられないでしょうね」(前出・芸能ライター)

 3月24日にはインスタで、何事もなかったかのように髪のカラーリング動画を公開しているが、その図太さで名誉挽回となるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】