スポーツ

武豊を超える「歴代最高勝率」ぶっちぎりでも「川田将雅を買わずに万馬券」の核心データ

 3月25日に行われたドバイワールドカップで、ウシュバテソーロを世界の頂点に導いた川田将雅がこのところ、異次元の騎乗を見せている。スポーツ紙記者が解説する。

「デビュー19年目の昨年は、初めて全国リーディングに輝いたばかりか、最多勝利(143勝)、最高勝率(25.9%)、最多賞金獲得(31億5709万1000円)の3部門で1位を獲得し、JRA賞騎手大賞を受賞しました。しかも今年は3月末の時点で、昨年を上回る好成績を上げている。このままいけば、武豊が記録した02年の最高勝率記録を抜くのでは、ともっぱらです」

 02年の武豊騎手はタニノギムレットでダービーを勝利するなど、年間勝率29.1%を記録。これは岡部幸雄(最高で23.0%)やルメール(同27.8%)を寄せつけない「JRA賞最高勝率記録」だが、川田の今年の国内での勝率は34.5%(3月26日終了時点)。連対率は59.7%に及び、複勝率は72.3%と、まさに無双状態だ。

「3連系の馬券であれば、川田を軸に買うのが正解でしょう。7割以上の確率で3着以内に来るわけですから。ただ、ほとんどが1~3番人気に支持されているため、配当的な妙味はありませんが」(前出・スポーツ紙記者)

 確かに今年はこれまで119鞍に騎乗して、4番人気以下は8鞍しかない。その人気薄の馬でも〈3・0・1・4〉と3勝しているのだから、馬券妙味という点では期待薄だろう。であれば、黙って川田を買うしかないのか。競馬ライターは「川田に人気が集中するからこそ、大波乱が起きる」と前置きして、こう続ける。

「実は今年、4着以下に敗れた33鞍を分析すると、右回りが6鞍で、あとの27鞍は全て左回りです。しかも人気を裏切ったワースト1位が、芝1600メートルの5鞍。春のGI戦線では桜花賞、NHKマイル、ヴィクトリアマイルが該当します。桜花賞は右回りですが、もし断然人気のリバティアイランドが2着以下に敗れれば、高配当が期待できますし、苦手とする左回り(東京)の2つのGIで着外なら、万馬券は間違いないでしょう」

 人気馬が敗れるからこそ大波乱となるのが、馬券のセオリー。黙っても人気を集める川田「泣きどころ」を上手に狙って、高配当ゲットといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」