社会

安倍VS石破 内閣前夜に飛び交った“腰砕け造反劇”の一部始終(2)安保相就任拒否の声が高まった理由

20140911p

 当然、石破氏もすぐに安倍総理の思惑に気づき“口撃”を開始した。政治部デスクが言う。

「安倍総理の『(安保相の適任は)そうはいないよ』という言葉をマスコミを通じて石破幹事長にしつこく当てさせると、石破氏は『(先に名前があがっていた)高村副総裁の二番煎じは受けんよ』『オレを封じ込めるつもりなんだよな』と本音を漏らし始めた」

 石破氏にしてみれば、安全保障では一家言あるものの党のNO2だけに、その発言には常に制約がついて回った。そうした不満の蓄積も安倍総理との決裂に拍車をかけた。

 ジャーナリストの鈴木哲夫氏が解説する。

「今の自民党は“政高党低”で、常に政府が決定し、党の発言力が抑えられてきている。自民党の幹事長は、表向きにはNO2と言われてきたが、石破さんは政策実現能力を抑えられるばかりか、安倍さんに気を遣い、安全保障に関しても持論を展開できないありさまでした。まるで“座敷牢”に封じ込められてきたようなものでしたが、それでも『自民党は地方に支えられている』という思いから、来年の地方選を総仕上げと考えて、地道にコツコツと信頼関係を築いてきていた。そのやさきに今度は新設ポストへの就任要請。石破さんのショックは計り知れなかった」

 しかも内閣改造で入閣すれば、次期総裁選への出馬が難しくなる。石破氏の周辺で、安保相就任拒否の声が高まったのも無理はない。

「石破さんの側近たちは、たとえ無役になっても支える意向を伝え、次期総裁選出馬の主戦論で固まっていた。石破氏も『蜂起すれば50人は集まる』と意気揚々でした。以前は、安倍総理を支え、『挙党一致体制』で時を待つという慎重な意見があり、禅譲論という見方もあったが、ここに来て、安倍総理が『オレは(東京五輪の)20年まではやる!』と長期政権に意欲的であり、側近からも『安倍さんの気持ちは、いずれは小泉進次郎。年齢的に見て、女性総理を挟むだろうが、そこに石破さんはない!』なんて挑発的な声も聞かれ始め、石破さんが主宰する派閥横断勉強会『さわらび会』は主戦論に大きく傾いた」(政治部デスク)

 ところが、ここでも石破氏は思わぬ誤算に見舞われる。石破氏のさわらび会は昨年10月に96人を集めながら、今年8月に新潟県で開かれた自民党・無派閥連絡会の研修会では30人ほどの出席にとどまってしまったのだ。政界関係者が明かす。

「安倍総理はその数を聞いて『少ないね』と鼻で笑ったと伝えられているが、その一方で石破封じに慎重でしたね。お盆前に河口湖の別荘で夏休みを取っている時に、『石破は安保相を固辞』と聞いて激怒したと情報が流れましたが、実は側近に『まあ、予想どおりだけどな』『しかし、わがままだよね。だから嫌いだ』と言って次の一手を明かしていたそうです。側近は『結局、悪者になるのは石破なんだよ』と、自信ありげでした」

 この安倍官邸の手練手管に石破サイドは後手後手に回り、防戦一方の展開を強いられるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道