スポーツ

岡田彰布監督の「アレ」が幻になる日…矢野フィーバーから転落の悪夢再び/阪神V逸の屈辱史(1)

 阪神タイガースはまた「歴史」を繰り返そうとしているのか──。この老舗球団が優勝したのは、セントラル・リーグに加盟してから72年間で1962年、1964年、1985年、2003年、2005年のたった5回だけ。日本一になったのは、1985年のただ一度だ。阪神の歴史はすなわち、V逸の歴史でもある。球団関係者が言う。

「人気球団ゆえファンからのプレッシャーが強く、シーズン終盤の勝負どころで負けるケースが多く見られます。在阪メディアの責任も大きいですよ。調子がいいとすぐに持ち上げるから、油断を生んでしまっています。在阪メディアで活動する評論家もタイガースを過剰に持ち上げる傾向があり、ネガティブな意見を発する解説者は敬遠され、使われなくなる。そういった空気感も、阪神がなかなか優勝できない原因になっています」

 今年は5月に球団タイ記録の19勝を挙げて独走状態に。6月7日には貯金18にして、2位DeNAとはゲーム差6.5まで広げたのだが、そこからまさかの失速。またしても、V逸の足音がヒタヒタと近づいくる気配が漂い始めたのだ。球界OBが言う。

「今年の在阪メディアも、タイガースが好調時は岡田彰布監督を異常なほど持ち上げて『神格化』させていた。メディアが球団内部を狂わせていると言っても過言ではない」

 長いタイガースの球団史には、いくつもの信じられないV逸経験が刻まれている。直近では2021年がそうだった。

 青柳晃洋、西勇輝、ガンケル、秋山拓巳、伊藤将司らが先発投手の軸となり、打線はマルテ、サンズ、ルーキーの佐藤輝明と中野拓夢、糸原健斗らを擁した。4月末の時点で20勝9敗。首位に立つと、一気に独走態勢に入った。夏前には2位・巨人に8ゲーム差もつけた。

 ところが、だ。在阪テレビ局が「あかん阪神優勝してまう」と題して、阪神応援特番を放送。「優勝いただき隊」といったコーナーまで作られ、浮かれた内容が放送されたところ、そこから一気に低迷する。夏場にはリリーフ陣に疲れが見え始め、佐藤は59打席連続無安打、マルテやサンズの調子も落ち、エラーやボーンヘッドもあって大失速したのである。主軸の大山悠輔の不振も響いて、8月29日にとうとう首位から陥落した。

 最終盤には巨人、ヤクルトとデッドヒートを繰り広げたものの、77勝56敗10分けの貯金21、勝率5割7分9厘でフィニッシュしたが、最後の最後でヤクルトに賜杯をさらわれた。勝ち数では優勝したヤクルトを4つ上回りながら、ゲーム差0でシーズン年間勝率2位となったのは、史上初である。矢野燿大監督の指揮のマズさや不可解な采配もあって、引き分け数が極端に少なかったことも原因と言われた。

(つづく)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」