スポーツ

星野仙一 「楽天実効支配」で浮上する野望とは?(2)星野氏が抱く3つの野望

20141211dd

 では、星野氏はどうやって実効支配を強めようとしているのか。三木谷オーナーの言う「高所から関わる」についてスポーツ紙デスクは、

「具体的なさじ加減は決まっていないようで、権限の線引きはハッキリしません。口出ししたい時にしてもらう。例えば『あの使い方はないやろ』『ローテーションが間違っている』『どないなっとるんや。お前、あそこの場面は交代やろ』というように。そのとおりになるかどうかはわかりませんが、『アンタ、黙っててくれ』と言える人間はフロントにも現場にもいません。少なくとも何らかの意向は働くのではないでしょうか」

 チーム編成においても星野氏は影響を及ぼすつもりだ、との見方は強い。

「捕手は一軍と二軍合わせて5人しかいません。これは少ない。今、ベネズエラ人の捕手をテストしていますが、まずは育成スタートでしょう。だからトレードで獲得できる捕手を探しています。星野氏はそこにアンテナを張っているでしょう」(楽天担当記者)

 こうした補強面では、星野氏の存在はプラスに働く面が大きいのではないか、と話すのは、スポーツライターである。

「例えば、巨人・原辰徳監督(56)は出身校の東海大グループに、岡田彰布氏(57)は早大をはじめとする六大学に顔が利く。星野氏はアマ球界に詳しい彼らとダイレクトに話ができます。あるいは、外国人を見るセンスについては、球界でも一目置かれている。これまでも、ロースター漏れしたメジャーリーガーに目をつけ、『ビデオを持ってこい』と取り寄せ、自分の目で確認したうえで、日本向きの選手かどうかを判断してきました。過去に中日などで助っ人投手にハズレが少なかったのは、星野氏の眼力だと言われています」

 すなわち星野氏の「役割」は采配、チーム編成、FA、トレード、ドラフト戦略など多岐にわたり、加えて「困った時の調整役」でもあるという。星野氏が培った球界屈指の人脈を生かして口利きしてもらったり、「星野が言うなら」とコトが進むことも考えられるのだ。

 星野氏が球団を仕切ることに成功し、チームが浮上すれば、それは「星野SA」の「陰の手腕」による実績となる。そして、その実績は、次のステージへと移る足がかりにできるのだ。それはいったい何なのか。

「星野氏には3つの野望があると言われます」

 と話すのは、球界関係者である。

「まず1つ目は、『東北の王様』になることです。つまり、楽天を通じて三木谷オーナーと肩を並べる。三木谷オーナーは東北はもとより、中央の政府機関などにも通じ、顔が利きます。星野氏も財界人脈はかなりのものですが、そうした分野にもモノが言えるようになりたい。そのためにはまず、楽天を実効支配するのが先決であろう、と」

 2つ目の野望は、コミッショナーの座に就くこと。スポーツ紙デスクによれば、

「星野氏の悲願は、あのONを超えたい、というもの。王貞治氏(74)はソフトバンク球団会長、長嶋茂雄氏(78)は巨人・終身名誉監督であり、球団専務でもある。それを超えるにはセ・パ会長、あるいはコミッショナーになるしかない、というのです。事実、星野氏は球界OBなどから『コミッショナーになったらどうか』と言われている。大騒動になった飛ぶボール問題でも、当時の加藤良三コミッショナーは何一つ決められず、リーダーシップはゼロだった。星野氏なら、そんな事態にはならないはずです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由