スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「マキシマムドパリが樫切符奪取!」

20150430gg

 今週から東西ともに舞台を移し、東京では「フローラS」が行われる。過去5年で2度も100万馬券が飛び出しており、今年も傑出馬不在だけに、大波乱の可能性も十分。一方、京都の「マイラーズC」は、先行勢に注目だ。

 桜花賞、皐月賞が終わり、舞台は府中(東京競馬場)に移る。その開幕週のメインが、サンスポ賞フローラS(GII)。周知のとおりオークスのトライアルレースである。

 桜花賞に出走した主な顔ぶれに比べると実績的にはかなり見劣る。しかし、素質のよさ、将来性においては、遜色はそうあるまい。

 例えば有力候補の1頭、ディアマイダーリンは、前走のフラワーCでは差のない3着。桜花賞で穴人気になったアースライズ、ローデッドと大接戦を演じている。こうした第2、第3グループによる争いになるが、それだけに伸び盛りの馬が多く、簡単に実績だけで力量を判断すると、とんだ落とし穴が待っていることがよくある。

 確かに、ざっと顔ぶれを見てみると、冷静に判断して各馬の能力に大きな開きがあるとは思いにくい。まずは難解な一戦と言っていいが、これに輪をかけるのは2000メートルの距離で争われることだ。2コーナーのポケットからのスタートで、多頭数になればなるほど、中山のマイル戦ほどではないにしても内枠の馬が有利になる。

 この枠順の有利、不利もあってか、馬単が導入されてからの12年間を振り返ってみると、1番人気は5勝、2着2回。2番人気は2勝、2着2回で、順調に収まるケースは、そう多くはない。人気馬が外枠に入ったのであれば、多少は疑ってかかれということなのだろう。

 ちなみに、前述の12年間で、馬単での万馬券は4回(馬連3回)と決して多くはないが、25万円強(03年)、16万円強(11年)と超の字がつく、いわゆる“ハネ万”になることがある。成長期にある3歳若駒の素質、能力を見抜くのは、いかに難しいかということだろう。

 さて、以上のことを踏まえて勝ち馬をあぶり出してみようか。

 最右翼にあげたいのは、マキシマムドパリだ。

 これまで5戦して3着以下はなし。やや決め手に欠けるが、相手なりに走る堅実味が特徴のようだ。前走なども狭いインをこじあけるように伸び、最速の上がりで勝ち馬とコンマ1秒の勝負を演じている。

 問題は2戦目に未勝利を勝ち上がった際の体重が466キロ。その後、使われるごとに減って前走時は450キロ。このへんが心配の種でもあるが、関東圏への輸送は2度目。関係者は十分心得ているようで、松元茂調教師は「カイバはしっかり食べており、この中間は落ち着き払っている。長距離輸送は経験済み。力を出せる状態に仕上がっている」と話す。

 であれば、期待できるというものだ。

 祖母はGI勝ち馬で、シルバーシャーク(本邦輸入=アベイ・ド・ロンシャン賞、イスパーン賞=現GI)など一族に活躍馬が多くいる良血。1戦ごとに地力強化している印象もあり、よほどの外枠を引かないかぎり、中心視したい。

 連下は手広く流してみたいが、サダムブルーハワイなどは大きく狙ってみてもよさそう。母は重賞勝ち馬で、近親に活躍馬は少なくない。大勢逆転も考えていい。

 一発があるとすれば、ロックキャンディだろう。まだ体に緩さが残り、本格化するのは先と思われるが、それでいて昇級初戦の前走・ミモザ賞では最速の上がり脚で僅差の3着。能力はかなり高く、軽視は禁物だ。

◆アサヒ芸能4/21発売(4/30号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
田中理恵、小さめTシャツで露わにした“ミルクタンク”胸の「ものスゴさ」!
4
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
5
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!