スポーツ

広島・黒田博樹「不屈の野球道」(8)プロから注目されないで終わった高校時代

20150423r

 3月28日に広島のRCCテレビが放送した特別番組「黒田博樹復帰の真実」の撮影で、黒田は13年のオフに大阪府太子町にある上宮の練習グラウンドを訪れた。

 グラウンドに立ち、

「嫌やったなあ。ここで投げるの。ボールを探しに行く振りをして、外野フェンスの裏が土手になっていて、そこの川の水を手ですくって飲んでいました」

 と苦笑いを浮かべたものだった。

 ふがいない投球と罰走を繰り返す、野球漬けの日々──。同学年のチームメイトだった横内誠さんが、黒田の試練時代を振り返る。

「僕は外野を守っていたんで、レフトポールからライトポールを延々と走っているクロちゃんの姿がいちばん印象に残っている。帰りの電車が一緒になることもあったけど、その時『肩や肘、腰が痛くて、思うように投げられへん』って。でも、『やめたい』とか、そんな弱音は一度も聞いたことがなかった」

 高校球児の憧れである甲子園出場を目指して、過酷な練習に耐える黒田。そんな息子に対して、母の靖子さんは「苦しまずして栄光なし」という言葉を与えたという。だが、黒田は高校3年間、ずっと控え投手であり、最後までエースナンバーが与えられることはなかった。

 黒田の3年時には監督を務めていた田中氏が、高校時点での教え子の実力について語る。

「学校の授業も練習も3年間、皆勤賞だったと記憶している。寡黙で真面目に取り組んでいたけど、プロに行けるレベルではなかった。当時は、ピッチャーにも野手陣にも、いい選手が多かったからプロのスカウトが来ることもあったけど、控え投手でも本当によければ、『これはええな』ってなるでしょう。でも、誰一人、黒田に注目する人はいなかった。眼中になかったと思います」

 結局、高校最後の夏となった大阪大会で、上宮高校は準々決勝敗退。黒田には大会を通じて1イニングも登板機会がなかった。こうしてあまりに過酷だった高校野球生活は終わりを告げるのだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!