芸能

肌の質感が!浜崎あゆみがますます「叶姉妹化」しているワケ

20150608hamasaki

 東京・代官山で開催中の写真展「浜崎あゆみThe Show Must Go On/photographer 舞山秀一・松田忠雄」に、浜崎あゆみ本人が来場。準備日の6月3日に現われ、展示してある写真に自らサインを書き込むなど、自身初となる写真展への意気込みを見せた。

 久々にマスコミをにぎわせたあゆだが、このニュース画像を見たファンからは、「まるで叶姉妹みたい」との声があがっている。肌にツヤがなく、皮膚の質感が伝わってこないのだ。芸能人を担当することが多いヘアメイクがこう語る。

「叶姉妹の肌って人工的な素材のように見えますよね。本当のところは知りませんが、フェイスリフトやヒアルロン酸注入を続けていくと、人形のようなツルンとした肌になることがあります。そういったプチ整形だけではなく、過激なダイエットとリバウンドを繰り返した場合にも、同じように肌の質感が失われがちなんです」

 ちなみにあゆは叶姉妹のファンを公言しており、2003年には自身の番組「ayu ready?」(フジテレビ)に叶姉妹が2回連続で登場したこともある。よもや叶姉妹の肌を見て、あんなツルンとした肌になりたいと憧れてしまったのだろうか?

「浜崎さんは激太りとダイエットを繰り返しているので、肌に悪影響が出ているんじゃないでしょうか。最近はジム通いを始めたと聞いていますが、あまりに鍛えすぎても肌の質感が失われがちです。あとは36歳という年齢による影響もあるかもしれませんね」(前出・ヘアメイク)

 そんなあゆは4月に女性誌の表紙を飾り、「盛るメイクが好きだったけど、最近は黒のアイラインを引かなくなった」と語っていた。たしかに今回の写真展でも彼女にしては薄めのメイクになっていたが、目全体を黒く囲うあゆメイクは健在。さらに目を惹いたのは、パッツンの前髪だ。

「髪色も合わせてお人形っぽさを狙ったのかも知れませんが、肌質も含めてあれでは本当に人形そのものですよ」(前出・ヘアメイク)

 人形っぽさを狙ったドーリーメイクが似合うのは、せいぜい20代まで。36歳という年齢相応のメイクにすべきではというのはお節介だろうか。それとも本当に叶姉妹を参考にしていたりして!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱