芸能

藤原紀香 片岡愛之助との熱愛報道も元カノ・熊切あさ美の暴露で泥沼騒動に発展

20150618a-2

 人気歌舞伎役者の“ラブリン”こと片岡愛之助(43)との熱愛が報じられた藤原紀香(43)。幸せの絶頂と思いきや、“元カノ”の暴露で三角関係が露呈。四十路女は絶望の淵に立たされたのであった。

「熊切さんとは別れたと本人から聞きました。私たちの交際はこれからうまくいきますか?」

 新恋人として愛之助との「同棲愛」が報じられる約1カ月前のこと。藤原は信頼する占い師に交際を自慢するようにこう語り、2人の“未来”を相談していたと、5月28日に発売された「女性セブン」が報じた。

 だが、その思いは愛之助の裏切りによって、泥沼の騒動に発展する。口火を切ったのは“元カノ”扱いされた交際相手で「崖っぷちアイドル」の熊切あさ美(34)だった。

 熊切は報道直後の5月29日、「ミヤネ屋」(読売テレビ)に出演すると、

「別れ話になったことは一度もない」

「今でも同棲している」

「家賃も愛之助が支払っている」

 と号泣しながら破局していないことをアピール。しかし、愛之助と親交のある司会の宮根誠司が、「本人からすでに別れていると聞いた」と返す刀でバッサリ。さらに、熊切の暴露に対して「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で、芸能レポーターの井上公造氏が、愛之助の主張をこう代弁した。

「昨年から別れ話は2、3回出ていて、一度も別れ話になっていないという彼女の主張はまったく理解できない」

 芸能界の“ベテラン”たちの援護射撃で「ウソつき」の汚名を着せられてしまった熊切。真相はいったいどうなっているのか。泥沼騒動を取材する芸能ジャーナリストの松本佳子氏はこう断言する。

「ウソをついたのは、愛之助さんです。2人は別れていません。藤原さんとは4月頃から交際を始め、女性セブンに撮られて二股がバレてしまったので、イメージの悪化を恐れて、急きょ、別れたことにしたのです」

 熊切と愛之助との間には、4月、5月にやり取りした恋人同士を物語る「証拠」が残されているという。ベテラン芸能記者もこう語る。

「2年前に熊切との交際が発覚した時も、それまで元宝塚トップ女優の愛原実花と交際していたのに、熊切には『彼女がしつこくて別れてくれない』と吹き込んでいました。結局、同じことが繰り返されています」

 ダマされた形となった藤原は親しい関係者に、

「まだ信じています」

 と漏らしているという。

 一方、当事者の愛之助は窮地に追い込まれているようだ。歌舞伎の世界では役者を支援する後援会の影響力が大きいのだが、その“後ろ盾”がカンカンなのだ。歌舞伎関係者はこう話す。

「藤原さんの事務所にも迷惑をかけているので、どう落とし前をつけるか、まだ決まっていないようです。先日、歌舞伎役者・中村獅童の披露宴が都内のホテルで開かれたのですが、『キミが参加すると式が壊れる』として、愛之助は後援会から不参加を命じられました」

 3者ともまだまだ泥沼から抜け出せない気配だが、この状況で転んでもタダでは起きないのは熊切のようだ。

「人生模様を語るバラエティ番組で出演依頼を検討しています」(放送作家)

 本人のもとには直接あるビデオ関係者からもオファーが持ちかけられ、高額のギャラが提示されているという。

 三角関係に巻き込まれた藤原。この際「崖っぷち女優」として再起を図るしかないか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
田中みな実、“ワイヤー入りの胸用肌着を使用”でロケット胸強調が加速!