スポーツ

プロ野球セ・パ交流戦でまた勝ち越し…パ・リーグがセ・リーグを凌駕する理由とは?

20150716o

 今年の交流戦の成績がパ61勝、セ44勝であること、そもそも11年間の交流戦でセの勝ち越しが09年の1回しかないことでもわかるように、プロ野球界は圧倒的な「パ高セ低」。なぜ、こんな戦力格差が生まれたのか。スポーツジャーナリスト・相沢光一氏は次のように分析する。

「日本シリーズもここ10年は、セの日本一は3回だけ。04年の球界再編で近鉄バファローズが消滅したのをきっかけに、各球団が戦力強化と人気回復に向けて努力し始めた。4割近い打者が出るのは、スカウティングの力です。野球の技術うんぬんの前に、身体能力が優れた選手を取る傾向がある。ドラフト上位入団でない選手が多数活躍しているのはそのためです」

 各球団がしのぎを削った結果、戦力は均衡していく。

「だからちょっと油断すると、たちどころにBクラスに転落する混戦状態がずっと続いている。セより必死なんです。資金力のある球団が上位に来るイメージのセとは違う。潜在能力を見いだすスカウトの努力であり、そこに6球団の熾烈な争いが加わる。全ての根底にあるのは、人気低迷の危機感でした。さらに、パにはDH制があるので、投手は気を抜く瞬間がない。そして、広い球場が多いパの投手はメジャーに近い力勝負を挑み、打者もそれに応じて進化する。その相乗効果が選手を強くします。戦略的にかわそうという投球をしがちなセとは異なります」

 パ・リーグ関係者もこれに追随する。

「セはひ弱なんです。ヤクルトなんて交流戦中はほとんど練習しないことも。京セラドームから西武ドームに移動した際、疲れを残さないため、という理由でした。パのほうがはるかに移動が大変で、慣れているし、当然、練習もします」

 パの選手、試合に圧倒的な見応えが生じるのは必然なのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮