スポーツ

プロ野球“後半戦を10倍楽しむ”裏ノート!「巨人と阪神が抱える悩ましい事情とは?」

20150730o

 セ・リーグは、前半戦を首位で折り返したDeNAでも勝率5割という低レベルの混戦が繰り広げられている。その要因は優勝候補筆頭だったリーグ3連覇中の巨人が貧打を解消できずにいることだろう。

 現在は亀井善行(32)に任せている聖域・4番も固定できずにいる。焦りが負の連鎖を生むのか、原辰徳監督(57)とベテラン勢との間に波風が立っている、ともっぱらだ。巨人番記者が言う。

「精彩を欠く村田修一(34)を8番に下げたり、バントを命じたりするのは序の口。かつてベンチで露骨に采配を小バカにされた阿部慎之助(36)には、陰で何か言われていないかと疑心暗鬼になっているようです。そのため周囲に『まったく村田は働かない』だとか『慎之助ははたして一塁をやりたいのか、捕手をやりたいのか。どこならフィットするんだ』などと愚痴をこぼしまくっている。打線が火を噴かないことで、球界では『優勝を逃して原さんを辞めさせるため、ベテランはわざと打ってないんじゃないか』という冗談も耳にしますが、それが冗談に聞こえないありさまです」

 永遠のライバル・阪神では、和田豊監督(52)が「ヤケッパチ采配」と揶揄され、OBから「今後のタイガースを考えた采配なのか。何なんだ、あれは」という声が飛ぶ一方で、助っ人の流出危機に悩まされているという。トラ番記者が話す。

「不振だったマートン(33)が復調気味に見えますが、今季の打撃低迷は契約の切れる今オフのメジャー入りを見据えて、ケガをしないよう手を抜いているからではないかとささやかれている。というのも、公表はされてませんが、マートンは昨季、オプション契約をクリアして年間5億円を手にしたと噂され、もう稼ぐ必要がないというんです。すでにメジャー球団と話ができているとも聞こえてくる」

 チーム防御率はセ最低で打率も最下位・巨人と3厘差の5位、ホームラン数、盗塁数など軒並み最下位。状況は一向によくならないのに、なぜか上位にはいることでチーム内から「悪運強いよな」との皮肉まじりの声も漏れているという。

「交流戦ぐらいから何とか盛り返したのは、西岡剛(30)が右肘を故障して交流戦前に離脱したからですよ。他球団の選手も多くがそう話しています。西岡がいると若手は萎縮するうえ、夜も盛り場を連れ回すんです。コーチ陣もホッとしている。大阪桐蔭の後輩でエースの藤浪晋太郎(21)もよく誘われていましたからね。裏を返せば、後半戦に西岡が復帰してきたらチーム状況はどうなるか」(球界関係者)

 プロ野球評論家・伊原春樹氏が話す。

「セはダンゴが続いても、チーム防御率が唯一の2点台という巨人が守り勝って抜けると見ています。というのも対抗馬だった阪神は、能見篤史(36)やメッセンジャー(33)に昨年までの安定感がなくなり、先発の数も足りない。7~8月に連戦が続くと、弱いローテの5~6番手投手で星を落としていくことも予想できますからね」

 阪神は「死のロード」を乗り越えられるか──。

※文中のデータは2015年7月15日時点

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ