芸能

TBS・宇垣美里 VS テレ東・鷲見玲奈 “新世代NO.1バスト”はどっち?「女子アナとしての実力は?」

20150730u

 宇垣・鷲見アナともに、形状は「ロケット型」と呼ぶべきものである。いずれ劣らぬ見事なバストだが、肝心のアナウンサーとしての将来性は──。

 情報番組やバラエティ番組などで、メイン画面の横に出る小さな画面を「ワイプ」と呼ぶ。宇垣アナはこの「ワイプ」の使い方がうまいと、アイドル評論家・織田祐二氏が力説する。

「出演中の『あさチャン!』で宇垣アナの『ワイプ芸』は天性の技と言っていいほど輝いています。グルメレポートのVTR画面などが出ると、チャームポイントのアヒル口をポカーンと開けたり、とがらせたり表情がクルクル変わる。どんな顔をすれば男性受けするかを、熟知しているようです」

 朝っぱらから「けしからん」のは、その表情、Gカップばかりではない。腰から下も注目だというのだ。

「午前5時半からの情報番組だというのに宇垣アナは毎回短いスカートを着用。チラ見せを頻発させている。脚を斜めにそろえているため、微妙な股間の透き間から奥が垣間見えてしまうのです。これは自然現象というより、宇垣アナの旺盛なサービス精神のたまものだと考えるべきでしょう」(前出・織田氏)

 対する、鷲見アナは「オヤジ殺し」なふるまいで一点突破を図る。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が評する。

「競馬番組の司会をする時、軽妙にオヤジトークをかわす技を持っています。自分から下ネタを話せるようになれば、今後ますます『ギャンブル好きオヤジ』に特化した好感度は高まるでしょう。肌を見せることは季節を問わず、1月でも季節外れのノースリーブ姿で大きな胸をアピール。番組では必ずメガネをかけて女教師のよう。メガネ萌えファンへの対応もバッチリです。宇垣アナが『童顔』なら鷲見アナは『メガネ女教師』のキャラを確立したと言っていい」

 まるで、レンタルビデオ店の棚に並ぶ、「店長のおすすめ作品」のごとき様相を呈した、「童顔vsメガネ女教師」の対決。

 だが、起き抜けに、怒濤のサービスで魅せてくれる宇垣アナが一歩リードか。

「宇垣アナのG、鷲見アナのFと大きさの差は1カップ。形は両者譲らず、上向きに突き出た美しい胸です。しかも、常にピッタリ系の半袖ニットを着ている点も共通している。胸だけでは甲乙つけがたいのです。テレビ業界には、『大きな胸のアナは右端に置け』という法則があります。右アングルからの見せ方をより進化させたほうが、女子アナ界のバスト女王になるでしょう」(アイドル評論家・小谷哲氏)

 彗星のごとく現れた宇垣、鷲見2人の美バスト女子アナ。胸の進化は今後も要チェックだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”