芸能

天才テリー伊藤対談「小籔千豊」ボケがきっかけで女性誌モデルに

20150820u

●ゲスト:小籔千豊(こやぶ・かずとよ)1973年、大阪府生まれ。1993年に吉本総合芸能学院(NSC大阪・12期生)卒業。同年、お笑いコンビ「ビリジアン」を結成。2001年、コンビ解散後に吉本新喜劇に移籍。大きな声を出すとあばら骨が折れる虚弱なチンピラなどのキャラクターでしだいに人気を集め、2006年には異例の速さで新喜劇座長に就任。2007年、「人志松本のすべらない話」(フジテレビ)などの出演をきっかけにテレビタレントとしても人気に。現在「バイキング」(フジテレビ)ほか、多数のレギュラー番組を抱える。8月18~22日、東京・池袋サンシャイン劇場にて「吉本新喜劇 小籔座長東京公演2015」を開催。

 現在、タレントとしてバラエティや情報番組で大人気の小籔千豊。座長を務める吉本新喜劇の東京公演も2年連続で開催されるなど、破竹の勢いだが、ここに至るまでにはさまざまなドラマがあった。笑いとボケの下に隠された硬派な男の心意気を、天才テリーは見逃さない!

テリー バラエティ番組に情報番組のコメンテーターにと大忙しなのに、今度は雑誌の専属モデルに決まったんだって?

小籔 ハハハハハ、いや、お恥ずかしい話で。

テリー しかも、怪しい雑誌か何かだと思ったら「ViVi」「VOCE」「NYLON JAPAN」。一流どころの女性誌ばかり「史上初3誌同時契約」って、これ、どういうことなの?

小籔 経緯を知らない人からすると、何のこっちゃわかりませんよね。実は今年から「インスタグラム」というのを始めたんですよ。

テリー ああ、撮った写真をネット上に公開するSNSだね。ツイッターの写真版というか。

小籔 そうです。で、どうにかフォロワーを増やしたいと思ったんですけど、僕、SNSがあんまり得意じゃなくて、何をやればいいかよくわからなかったんです。

テリー そうだよね、毎日だとネタも尽きるからね。

小籔 そんな時にモデルさんのインスタグラムを見てたら「今日の私服です」とか「今日のネイルはこんなんです」とかいう写真を載せてるわけですよ。「ああ、こういうのがええんか」と思って、僕もマニキュアも何にも塗ってないのに「今日のネイルです」とか、白髪染めしてる写真を載せて「今、白髪染めてます」とかやってたわけです。

テリー 要はモデルさんのパロディだね。

小籔 そうです。こんな不細工な浪速の芸人がモデルっぽいことをやってるっていう「ボケ」です。で、そんなことを続けてたら(氣志團の)綾小路翔さんがツイッターか何かで「今、宇宙でいちばんおもしろいインスタグラムは小籔さん」って言うてくれたんですよ。

テリー へ~。ネットは思わぬ人の反応があるからおもしろいよね。

小籔 そのあたりからフォロワーが増え始めて、モデルさんや女優さんからも「おもしろいですね」って言うてもらえるようになっったんです。で、たまたまそのノリについてきてくれた3誌が「専属モデルになりませんか?」と声をかけてくれたわけです。

テリー なるほどね。でも、俺みたいに突然ネットのニュースで知った人間は「なんじゃ、こりゃ!?」と驚いちゃうよ(笑)。

小籔 すんません。まぁ、コントの延長みたいなもんですから。ただの“史上初・顔長の女性誌モデル”ですよ(笑)。

テリー そんなことないと思うけどね。背も高いし、小籔さんはカッコいいよ!

小籔 いえいえ。最近の史上初といえば、やっぱり芸人で芥川賞を獲った(ピース)又吉(直樹)じゃないですか。又吉に「史上初、すごいですね」って言うてる人は尊敬がこもってるんですけど、僕に「史上初ですね」て言うてくれる人は、だいたい半笑い(笑)。まぁ、又吉はほんとに努力して獲った史上初ですから、僕とは全然レベルが違うんで当然ですけどね。

(続きは週刊アサヒ芸能8/20号に掲載)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場