スポーツ

日本を創った“荒ぶる男”たち<プロレス・格闘技編>「“力道山・ジャイアント馬場・アントニオ猪木”3巨頭の衝撃事件をグレート小鹿が激白」

20150820bb-2

 敗戦後の日本人を勇気づけたのが「プロレス」である。人々は街頭テレビに熱狂し、力道山の空手チョップに声援を送った。そしてジャイアント馬場、アントニオ猪木と続く繁栄の裏面史を、最年長レスラー、グレート小鹿が証言する。

── 日本プロレスに入門されたのは、まだ力道山が存命の頃ですか。

小鹿 そう、俺が相撲を辞めて面接を受けたら、力道山先生がいたよ。入門したいと言ったら「どこの部屋だ?」と聞かれ、俺が「出羽海部屋です」と言ったらうれしそうでね。先生と気が合う力士が多かったらしく、それであっさりOKになったよ。

── 当時の日本プロレスは荒稽古で有名でした。

小鹿 まずスクワットは1000回が基準。そこに先生が木のビール箱を持って来て、マンモス鈴木さんに殴りかかるんだよ。先生が「痛いか?」って聞いて「痛くないです」って言ったらもう1回殴る。鈴木さんが「痛いです」って言っても「バカヤロー!」で殴られる。猪木さんはそれ以上にシゴかれたから、見ていてかわいそうだったね。

── 63年5月9日にプロレスデビューを飾りましたが、その約半年後に「力道山刺殺事件」が起きています。

小鹿 先生が住んでいた赤坂のリキアパートに駆けつけると、ちょうどパトカーが来ていて、無線で話をしているんだよ。古物商から警察に通報があって、先輩のミツヒライさんとマシオ駒さんの両名が日本刀を買い求めに来たと。

── それは刺殺に対する「報復」のためですか。

小鹿 そういうことだろうね。結局は買えなかったから、大事にはならずに済んだけど。亡くなるほんの2日ほど前の「東京スポーツ」で、先生は「次のシリーズは出る」って宣言したやさきの事件だったからね。

── 大黒柱を失い、日本プロレスにも暗雲が漂いました。

小鹿 俺もまだ21歳だから目の前が真っ暗だよ。ただ、そこから馬場さんが凱旋帰国したこともあって、第2次黄金期に突入だ。

── 日本プロレスの「曲がり角」は、71年に起きた「猪木のクーデター未遂事件」ですね。結果的に猪木は追放されてしまいますが。

小鹿 その前の年に俺はロスに遠征していて、そこで猪木さんをひいきにしている日本料理店で会う機会があったんだよ。朝6時まで飲んで、なぜレスラーが何十人もいるのに、自社ビルを建てられないのかと、猪木さんは言ってたよ。

── 日プロ幹部の放漫経営であるということですね。

小鹿 猪木さんに言わせると、西野バレエ団は由美かおるとか何人かのスターでビルを2つも持っていると。その改革案には賛成したけど、猪木さんが会社に連れてきた木村昭政なる会計士が信用ならなかった。

── つまり、乗っ取り計画だった。そして臨時選手会の場で、クーデターが未遂に終わりました。

小鹿 俺が口火を切ったんだよ。猪木さんに「そこのおっさんは誰ですか?」と。そんなこんなで猪木さんは除名され、新日本プロレスの旗揚げにつながった。

── 一方で、猪木とたもとを分かった馬場も全日本プロレスを設立し、小鹿さんものちに合流しました。

小鹿 ただ、俺が言うのは「猪木さんは和食で、馬場さんは洋食」ってこと。猪木さんはどこかで義理人情がわかるけど、馬場さんは好きなものしか口にしない。それが「和食」と「洋食」の違いだよって。

── 小鹿さんは今も現役でリングに上がっていますね。もし日本プロレスが続いていれば、どうなっていたんでしょうか。

小鹿 たぶん、力道山先生が作ったゴルフ場で芝刈りの仕事をやっている(笑)。あの人はプロレスを日本に持ち込んだこともそうだけど、マンション経営など、常に先見の明があったね。それがまた戦後の日本人を明るくさせた理由だよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!