スポーツ

“あぁ、史上最弱”巨人軍の悲哀ベンチ裏「伝書鳩なコーチ陣に募る不信感」

20150827j

 こうしたコーチの入れ替えは昨年のロッテ、今年も楽天などで頻繁に行われている。

「数字を見てわかるように、コーチはまったく機能していないのが実情です。村田総合コーチが全体を取りしきっていますが、原監督に『あいつにこう教えろ』と言われると、内容を完全に理解せずに、伝書鳩のようにそのまま選手に伝えるだけ。清水コーチにしても、選手の信頼はきわめて薄い。だからいつまでたっても貧打から抜け出せないんですよ」(スポーツ紙デスク)

 まさに悪循環なのである。コーチ陣への不信感は投手部門にも飛び火。

「中継ぎ投手の間では、もはや球団を頼りにせず、他球団に移った元巨人のコーチや巨人OBに指導を求める選手もいるほど。勝利の方程式の一角である山口鉄也(31)がそうだと聞いています」(巨人担当記者)

 貧すれば鈍する。さらには原采配にも火の粉が降りかかっているという。巨人担当記者が続ける。

「原監督の求心力が落ちていることもチーム不振の要因です。象徴的なのは、7月26日の広島。無死1、2塁という絶好の先制チャンスで、前日に本塁打を含む2安打している3番・坂本に、まさかのバント指令。イヤイヤ応じた坂本はやはり失敗し、チャンスをみすみす潰してしまった」

 球団関係者も、嘆息しながらこう話すのだ。

「中日の落合時代もそうだったけど、監督の求心力が落ちるのは長期政権の宿命なのかもしれない。もはや監督のために頑張ろう、という気持ちはなくなりつつあるから‥‥」

 どうにか巨人ファンの溜飲を下げ、希望を与える光はないものか。

「もう投手力で勝つしかないでしょう。打線に期待はできないので、少ない得点で逃げ切る。監督もそう腹をくくり始め、手堅い采配が目立つようになってきました。つまり、自由に打たせていない。早め早めに動くようにもなり、早い段階で代走の鈴木尚広(37)を投入して勝負をかけたりもしている。あとは救いがあるとすれば、こんな猛暑に東京ドームを使えるのはかなり有利です。体が動きますもん。広島やヤクルト、DeNAの投手陣なんてバテてきてるじゃないですか」(前出・球団関係者)

 確かに8月後半は本拠地での試合がまだ6試合も残っている。

 悲哀感あふれる姿は、巨人には似合わない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!