スポーツ

織田裕二も過剰絶叫!?TBS、「世界陸上はサニブラウンを推せ!」指令の裏事情

20150823sekairikujo

 8月22日に開幕の「世界陸上北京」。初日にジャマイカの英雄ウサイン・ボルトが登場するなど、お茶の間でも盛り上がりは必至だ。

 そのウサイン・ボルトきっかけで日本中、いや世界中が注目しているのが、ガーナ人の父親と日本人の母親を持つ、城西高校2年のサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)だ。

 世界ユース選手権の男子200メートルで、ボルトの持つ大会記録を破ったのだからそれも当然だろう。

 ところで「世界陸上」といえば、俳優の織田裕二がMCを務めるTBSの名物スポーツ番組。今年も熱い応援、歓喜、落胆が繰り返されることは間違いない。しかし、ここにきてTBSは例年以上に目の色を変えて、世界陸上の成功、そしてサニブラウンの大スター化を願っているのだとか。

「TBSはいきなりトップギアに入れろとばかりに必死です。というのも、先日の『夏の甲子園』での不祥事の影響が非常に大きい。早稲田実業の清宮フィーバーの取材で、スタッフが一般人と偽って撮影禁止エリアで取材したことで大会本部が大激怒。TBS関係者の取材パスを全て没収。来年の大会も取材NGという話まで出ました。これによって清宮クンはおろか、清宮とお茶の間の関心を二分した、ナイジェリアと日本のハーフ選手、関東一高のオコエ瑠偉クンの取材もまともにできなくなったわけです。これは局としては超痛手。ところが、そこに“地獄に仏”というべきか、世界陸上です。局全体に『甲子園のことは禁句、徹底的に世界陸上とサニブラウンを推そう』という空気があるそうですね」(スポーツ紙記者)

 なんとも勝手な理由だが、甲子園というドメスティックなスターより、世界を驚かせるスターが出現なら、局としても面目躍如といったことなのだろうか。

 とはいえ、まだ16歳の少年。日本中がサニブラウンくんを応援しているが、崖っぷちテレビ局の過剰な煽りなど無視して、未来に向けた若々しい走りを期待したい。

(三崎康太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々