芸能

ヒロミに潰された!元猿岩石・森脇和成「さんま御殿」出演も全カットで空気化

20151028moriwaki

 10月27日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に、元猿岩石の森脇和成が出演した。森脇にとって同番組は、芸能界復帰後、最初の出演となった

「森脇が本格復帰する一発目の番組ということで、今回の『さんま御殿』には大きな注目が集まっていました。しかし放送では冒頭の紹介トーク以外は、まったく目立つことなく空気と化していた。おそらく本番中は、森脇もエピソードトークをしたとは思いますが、番組の判断で全カットされてしまったのでしょう。他の出演者のトーク中も、相槌と共に、トークに入り込もうとする素振りは見えるのですが、前列の実力あるビビる大木やヒロミにすべて奪われていた印象です」(テレビ誌記者)

 番組を観ていた視聴者からは「これじゃ、森脇が出た意味がない」「森脇目当てで観たのに」「これは1年持たないな」といった厳しい声が相次いだ。

 しかし、森脇といえば今年放送されたバラエティ番組「しくじり先生」(テレビ朝日系)の出演が話題となり、内容に関しても高評価を得ていた。そのため一部では、今後、多くのバラエティで活躍していくのではとの声もあった。

「『しくじり先生』には毎回、非常に腕のある構成作家がついており、出演者をどう見せるかという演出や、エピソードの膨らませ方と、計算された台本が用意されています。つまりあの番組での評価は、一部スタッフの功績でもあるのです。そのため『さんま御殿』のようなトーク主体のバラエティだと、森脇は今回のように苦戦してしまうのでしょう。また、同番組は影響力もありますから、結果を残せなかったことが、今後のバラエティ出演に悪影響を及ぼす可能性もあります」(前出・テレビ誌記者)

 一般社会では顔が知られていることで地獄を味わったという森脇。しかし芸能界においても、今後、結果を残さない限りは厳しい立場に追い込まれることとなりそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!